Zaboそれを自分でやる:パターン、いくつかのオプション、ステップバイステップの指示

Jabot(Fr. Jabot)は、ラッフルの首から似た形で、衣類の衣服や布の仕上げです。カラーの種類の1つと呼びます。まず、ヨーロッパでは、Zaboは男性のワードローブの一部でした。 XVII世紀から、それは男だけのスーツの詳細として着用されました。 Xix世紀からのみ、女性や子供のためにジャブを縫い始めました。

今、デザイナーはしばしば彼らのコレクションでこの要素を使って女性らしさを与えます。男性のコレクションには与えられた詳細があります。 Jabroは便利ですので、このアクセサリは取り外し可能ですので、どんなシャツ、ブラウス、ドレスにもたらすことができます。縫製や切削オプションもたくさんあります。記事では、ジャブを自分の手で縫う方法を見ます。

男性衣装の詳細

今、男性の衣装はより厳格な形態を持っており、私たちの男性は極端な蝶に慣れています。しかし、このようなJABで、結婚式はよりエレガントな衣装に置くことができます。私自身の手で、それを縫うのは簡単です。それは私たちの狭いストリップを取ります、それはボタン、フックまたはベルクロのシャツの門の下の背中から固定されます。 Jave自体は異なる大きさの2つのROMによって表されます。

レースの襟を縫うための簡単な方法

底部が大きい、上部は小さい要素です。穏やかな素材の端を破壊するために重なっているでしょう。ワークピースを処理した後、2つの菱形を一緒に接続し、上端を縫い、リムに縫います。あなた自身の手でステッチされたすべてが完了です。

レースアセンブリ

次のレースの装飾オプションが簡単です。それは初心者のシームストレス、そしてミシンを持っていない人を作ることができるでしょう。それは広い黒いレースのリボン、大きな美しいボタンまたはブローチと弓のためのサテンの黒いリボンを取ります。このようにしてあなた自身の手でJaveが作られます。

1.送信された形式では、JABの希望の幅であるように、等しいセグメントでレースを切ります。

2.ストリップの上部が黒い糸のステッチで点滅してスレッドを希望のサイズに締めてください。

3.次に、1つのローラーを別のローラーに集中させることができますが、ネックリムに取り付けられている中央バーを使用できます。

インターネット上で美しいレースの襟を縫う方法を長期に探していたら、それを見つけられなかったが、単純な「レシピ」を提供します。それはベース、レース、ゲートのための薄いロープのための密なストリップを取り、さらにあなたはピンを取ることができます。

4.すべてのフリルが取り付けられているとき、ブルックの上の弓が作られ、首の後ろのブラウスの門の下に取り付けられている組織ストリップまたはサテンリボンにすべてを縫います。

あなたが見ることができるように、フリルの形であなた自身の手でボウルを縫うのは簡単ですが、それは非常にスタイリッシュな製品に見えます。あなたはそのようなアクセサリーをいくつかの色や生地からレースからすることができます。製造方法は類似しているだろう。

ジャバとの襟

そのようなカラーは、モノラルと色の両方のブラウスやドレスで別々に置くことができ、あなたはそれを永遠に服に取り付けることができます。記事の下に示すパターンを利用して、このJabooをあなた自身の手で起動します。

基本を作成する必要があります - レースの詳細が選択されています。装飾長を決定するには、ストリップは約3センチメートル短くなければなりません。

そのような装飾は片面に行うことができますが、上の写真のように、模様を一緒に縫い合わせて2つの反対派を手に入れることができます。一方的なボランとそのパターンを考えてください。

レースから長い車線を選択し、かなり幅、少なくとも8センチメートルです。下から縫い付け始めてベースストリップまで。ストリップをわずかに上昇させ、徐々に上昇します。

そのようなパターンを作成するには、まず首の周囲を測定し、必要な直径の円を描く必要があります。次に、JABの幅を追加し、最初に円を整えます。それから円の下部は地球儀の助けを借りて延長され、滑らかな楕円形を形成します。

あなたがあなた自身の手で片面のジャブを縫いたいのなら、楕円の中心部に半分にカットされます。それからパターンを折りたたみ、アクセサリーの将来の毛羽立ちを作り出し、定規や指でそれらを平滑化します。その後、パターンは材料上のパターンを描き、首の上の処理された組織を縫います。

二国間部分を得るためには、上の写真のように、楕円の第2の残りの部分が反対側に折り畳まれ、最初の隣のネッククロスに縫い付けられているフッレの組織を切り取る。

ヤサ全体

前のパターン上に描かれた楕円形がカットしないでください、それから下の写真のようにあなた自身の手で全体を作ることができます。楕円形は半分に切断してはいけませんが、直接線を中央に2つの等しい部分に分割する必要があります。ネックの上の上の上の線だけが切断されます。さらに、カウンタ上の布地は折り目が折り畳まれ、折り目が分散しないように鉄を絞り、首の間に縁を縫い合わせるのが便利である。首の周りには円形ではなく、シャツやドレスの門の下に縫い付けられている2つのボタンで行うことができます。あなたが装飾を固定したい場合にのみ残るでしょう、そして服装の準備ができています。

レースから長い車線を選択し、かなり幅、少なくとも8センチメートルです。下から縫い付け始めてベースストリップまで。ストリップをわずかに上昇させ、徐々に上昇します。

この記事では、パターンや例を備えたJABNの作り方と、いくつかの種類の装飾を行うことの段階的な指示を備えています。

私のお気に入りのクライアント、オーダーリングクラフトの新たな成果をお勧めします。

私が言う:

1人の顧客が新年の休日に私に向かった:クックスーツが6歳の孫娘に必要です(余分な。

子供のためのカーニバル衣装。クルック20-21VV)

また、ワンタイム:ズボン、キャップ、ジャブシャツへ。

私の人は顧客から「お金を引き裂くための」ではありません。これについては「低血」)をやろうとしています。

私たちは同意しました:シャツは白人の両親が見つけるでしょう、そしてカフは弾性バンドを作ります。ズボンは白い枕ケースから縫う(祖母の祝福がカバーに満ちています)。キップ、私は母の母親からキャップをステッチしました(彼女はビュッフェだった)、私が料理人のようだったように上をズームします。しかしザボで...私はティンカーをしなければなりませんでした。

その事実は、ソーシャルネットワークにおけるCroyの写真がたくさん見つかりましたが、現代の布地からは実質的に準備ができていないJABはありません。

これについて、私はあなたと共有することを決めました、私の親愛なる読者、私が知っていたこと。

KRAはここでクリアこの図: 布の上で作られたカーニッシュカット紙は布地の剥離、特にレースで上にあります... 丸で囲まれたjabroが重なって薄いレースの端に縫います。 それから機械上で収集された、すなわちKokille(この種のJAB、折りたたみ)のような折りたたみは、カーテンの縫いで最も頻繁に使用されています。 それから彼女は28 cmの長さ(喉の胴回り)の組織から組織を縫い、その上に彼女は手作りでジャブと組み立てられ、すべてのレースが全く覆われました。 この「チューブ」では、ボタン装飾(つまり、彼女が縫い抜かれた)を中心に固定されたガムを挿入し、端部に縫い合わせたファスナー。 すべて。 ------------------------------------------------------ - ----------

私は別の種類のJABを検討することを提案します。

夜の男性のシャツのためにやるように頼まれます

そしてシングルとして。とても二重。

ザボアーハ :

切る。

彼女はシートA4を取りました、私はシャツの切り欠きがあるのか​​を推定しました。これは、縫い目に束を持つJaba自体の幅が必要です。

長方形を整理し、パスの途中の形式を与えました。

それからフラップの一般的な見方。

切り取る。

幅2cmのストリップの講師(幅は任意、3または4部まで)の講師に描かれています。

亜麻が「トリッキーな」と布が滑り落ちてくれないため、Cro Zabo(Croaもドリフトでもたらしました。

だからチョークは実際には白に見えなくなり、鉛筆は顔に分注されて見えていません)。

二重ザバイナールでは、外側部分/層は単に縁部の2cm減少した。

斜めのすべての詳細を叫んだ(

上部投稿のザボも斜めに発見されています

)。

その後、エッジはフレンチシームによって配信されました(モスクワとも呼ばれます。それは0.3 mmとも呼ばれ、0.1 mmのエッジから引き出されます。

曲げの浮き上がりを切って、もう一度エッジに変わります。

端から0.2 mmを止めた。

*

顧客の要求にあたって、時にはJave Auth Processing Manual Secret Stitchesのフライングエッジ。

*

JAUBの詳細を自分の間で最初に接続してからシャツのカットに留意しました。

カットの加工された斜めベイエッジ。

首の上部の上端の「左」。

次は技術の場合です。

私は首に承認し、私は首を処理します

斜めのパイカー

...

ジャブズの準備ができています:

------------------------------------------------------ - ------------------------------------

20世紀半ば(USSR)の本からの追加資料:

コキルとザボ:

------------------------------------------------------ - ----------

すべての縫製をお楽しみください!

------------------------------------------------------ - ----------------------

同じことを読む:

ヒマキャ。

[63.1k]

その結果、長い緑豊かな製品が解放されます。さて、リボンの上部のサステインは、縫い目が見える場所を閉じます。あなたが飾りと製品をより洗練させたいのなら、ブレードの代わりにブルックの首を覆います。

4年前

アクセサリをピンでマウントできます。背面、上、そして真ん中にそれらを取り付けます。素晴らしい装飾は準備ができています。選択に従って、選択された音量の美しいレースの問題、波長は個別に選択します。それは、ワードローブの体積測定され、より少ない緑豊かな要素を作成することがわかりました。

実際、17世紀には、彼の胸に落ちる、門の装飾が非常に男性の衣装の装飾でした。女性は19世紀にのみこの方法を採用しました。ジャビンは一種のレースや布の一種ではありませんが、さまざまな襟です。

今日、ジャビンは女性のブラウスやドレスの素晴らしい装飾です。

ザボは衣服のドアに縫い合わせることができ、服装と別々に組み合わせることができます。 私は提案します 縫う ここは .

ザボを自分でやる

30分でレースからのシンプルなジャブ

まず最初に、どの長さがJABSになるかを定義します。それから白い密な生地からわずかに小さい長さから長方形を切断します。

それから私達は広いレース、8 cmの幅を取ります。レースの長さは、ジャブの壮大さに依存します。写真のようにティッシュストリップにレースを縫います。

開始のために、あなたは不要なシーリングカーテンで少し練習することができます。

レース縫製が組織に仕上げられた後、薄いリボンをベルクロで縫製する。彼女に、私たちのジャブを握るでしょう。

ビデオ。

質問の著者はこの答えを最善として選びました。

c-紳士

[416K] 6年前

レースからザボ

。ロマンス、エレガンス、エイジネス、イメージの簡単。そして、ジャビンが古く、歴史、そして偏見の遺伝子であることは当てはまりません。 Zaboはあなたを群衆の外にハイライトするために巧妙な組み合わせを持つことができます、それはあなたの外観を特別な一意性に与えるでしょう。

そして今、私たちはあなた自身のハンドルで喜びを作ります。

準備完了JABの長さは最大20センチメートルになります。

布地から、33センチメートルの長さと幅13センチメートルのストリップを作ります。

製品Zigzagoの端に署名します。

今度は33センチメートルの同じ長さの長方形をレースから取り出します。

  • 16のターコイズ詳細の幅、および白いアイテムは8センチメートルです。
  • 布を2回動かすと、私は4部を切ります。
  • プラノは13センチメートルになります、
  • リボン、首の近く、40から3、

弓は10から7になります

ジャブスはあなた自身のパターンをします

弓のために、ジャンパーはまだ必要です - 10から3。

個々の詳細ごとに、半分の避難所(各側面)にシーム手当が必要です。許容データを防ぐために、すべてのアイテムを停滞してリコールする必要があります。

私たちは布の下の帯域を散乱して、それをニザから5センチメートルの距離になるように調製したプレーレイヤーにそれを置いています。

今、私たちは締め付けられ、内部の端を脅かす。

ホワイトレースの取るとターコイズに置いて、少しが保証され、板の進歩を実行します。

詳細から、弓を作り、そのバーの真ん中に縫います。

ジャブスはあなた自身のパターンをします

リボンはJABNと秘密のステッチの助けを借りて弓を締めます。

あなたはそのような簡単な方法でここにジャボを作ることができます。

ジャブスはあなた自身のパターンをしますジャブスはあなた自身のパターンをしますジャブスはあなた自身のパターンをしますジャブスはあなた自身のパターンをしますそれとももう一つのオプションがあります。

[63.1k]

少数のムムビレットを置き、すべての美しいブローチを飾るためのストリップ上に。

Nelli4ka。

[110K]

私はあなたが魅力的なジャブを作ることができる方法を教えてくれます。それは特に興味深いです。それは学校の形を着ている子供たち、そしてオフィスの従業員のシャツの上に見えます。

最初 - パターンを準備します。製品の長さを選択してください。サイズデータは女子高生のために設計されています。

レースから切り取る2つの詳細があります。そのため、そのようなようです。

詳細の端にはきちんと美しい、Zigzagによって折りたたむことができる彼らの斜め湾を処理することができます。

2つの詳細を接続します。

次のことがわかります。

次に、首にJABNを搭載する方法を決める必要があります。あなたは、フックや他の種類の締め付けをする必要があるという目的で、シンプルなガムから襟を作ることができます。そして、あなたは布からそのようなワークを作ることができます:

ビレットは2つの同一の詳細で構成されています。私達は間違った側からそれらを握り、後であなたが閃光を止めることができ、ワークを回します。終わりには留め具があります。ブルックを取り付けることができるレースカラー部に送ります。これが完成品がどのように見えるかです。

[63.1k]

レースのJABBEを作るためには、2つの詳細があるベースを切り出す必要があります。ベースの幅は6 cm、下記の長さが11台に拡大しているため、長さは22です。下の図を見下ろします。

下水の半分が次のように重なっているように下水レースの線を概説する必要があります。詳細は顔の側面に追加します。それからあなたは底と側面になる必要があります、不快なトップを裏返します。角を与えるとあなたが休むことができます。レースはタイプライター上または手動で収集し、輪郭を描かれたベースラインにボトムアップから取り付けます。狭い斜めストリップが縁取りの上に適しています。ザボの薄い絹の薄い色からザボのレシーバーを縫製することができます。

Snow09

[42.4K]

多くの美しく面白いアイデアがあり、レースのジャブスを縫うためのものです。しかし、そのようなボールを飾るためには、ラインストーン、ビーズ、溝、リボン、非常に珍しくオリジナルに見えます。布はJabs Lightに使用する必要があります、それはレース、シフォン、シルク、オーガンザ、さまざまなサイズのリボンであり、そのような布地は素晴らしく、レースと組み合わせることができます、それは美しく珍しいことです。

子供のために、大人のために微妙にそして実用的な、そして縛られて縛られて薄いテープを使うことができるように、微妙な弾性バンドの赤ちゃんのためにすることをお勧めします。

Jabro Seisingであなたを助けることができる興味深いビデオマスタークラスがいくつかあります。

Mirra-Mi。

Jabsを縫う方法それを自分でやる方法

[58.3K]

基本を作成する必要があります - レースの詳細が選択されています。装飾長を決定するには、ストリップは約3センチメートル短くなければなりません。

5年前

ジャビンは女性のワードローブのとても美しい要素です。一見すると、それを縫うことが非常に困難であり、カットがさらに難しいようです。 軽くて流れるためには、軽量の布地を使用する必要があります。ソフトメッシュ、シフォン、シルク、レースリボン。それ自体1つの重要な要素はアセンブリです。これはこの装飾的なアクセサリーの量を与えます。

Jabsはそのようなスキームによって明らかにすることができます。

この場合は、まずベースをベースにしてからレースを取り、アセンブリをベースのエッジに沿って縫い付けます。

これが別の技術です。写真に表示されている基準も切り取ります。私たちはレースを取ります、私たちはまたアセンブリを作りますが、あなたは周囲の周りに縫うことはできませんが、指定された斜線によると。半層が前のレース層から半分ずれているように、半分は下に始まります。

緑に行きなさい。

[519K]

2年前

レースのジャブは、エレガントな広いレース(5から7~10センチメートルの幅で、特に幅)を縫うことができません。

私たちはそれに固定するためのサテンテープを必要とします。

テープセンターに注意して、JABの中心と組み合わせる必要があります。

私たちはいくつかのレースフリルを作ります。

各行は前のものより広くなければなりません。 したがって、最初の行 - 20 cm、2番目から3番目の3番目(約27 cm)などを切りました。

Jabsはそのようなスキームによって明らかにすることができます。

最初の列を汗をかいて、端部の内側を曲げて、チュールストリップ20と10 cmの幅(または必要なとき)に縫います。 2番目以降のランクは前のものの下で縫い付けられています。

リボンへのジャブの位置は弓で閉じているか壊れていることがあります。

88Skywalker88。

[300K]

ジャブリー

- これは多くの新年の衣装の不可欠な部分です。

縫製ジャブは完全に手に入れることができます。

私は次のマスタークラスと知り合いになることをお勧めします。 あなたはレースの生地を必要とするでしょう。

多くの美しく面白いアイデアがあり、レースのジャブスを縫うためのものです。しかし、そのようなボールを飾るためには、ラインストーン、ビーズ、溝、リボン、非常に珍しくオリジナルに見えます。布はJabs Lightに使用する必要があります、それはレース、シフォン、シルク、オーガンザ、さまざまなサイズのリボンであり、そのような布地は素晴らしく、レースと組み合わせることができます、それは美しく珍しいことです。

小さなセグメントに切ります。あなたが必要とする壮大なジャブの量に応じて、私たちは自分で長さと幅を定義します。

次に、結果として得られるストリップの上部をフラッシュし始めます。それらを締めます。したがって、我々はいくつかのブランクを作ります。

  1. 最後の瞬間:他の下のサテンのリボンにストリップを縫います。トップで弓を縫う。私たちはサテンテープに従います。この首の周りにはジャブを取り付けます。
  2. Zolotynka。
[520K]

多くの美しく面白いアイデアがあり、レースのジャブスを縫うためのものです。しかし、そのようなボールを飾るためには、ラインストーン、ビーズ、溝、リボン、非常に珍しくオリジナルに見えます。布はJabs Lightに使用する必要があります、それはレース、シフォン、シルク、オーガンザ、さまざまなサイズのリボンであり、そのような布地は素晴らしく、レースと組み合わせることができます、それは美しく珍しいことです。

私はビクトリア朝のスタイルでこのような素晴らしいジャビンを縫うことを提案します。

私たちは必要とします:小さな布地(たとえば、古いジーンズからのポケットやあまり厚いフェルトの部分)、白と黒のレースとブローチ(うまく入っています)。

絵のように、密な組織を四角形の形で密集した組織から切り取ります。おおよその寸法:4 * 11 * 9 cm、慎重にエッジを処理します。

レースは縫い落とし始めます、写真を見てください。私は美しくそして代替を見たように彼らを少し集める。指定されたサイズの組織上には、4~5杯の斜めになるでしょう。真のイメージ - ブローチ、あなたはそれを店で買うか、それを自分でやることができます。

  • モレルジュバ。

ジャブを自分でやる方法

  • [61.5K]

ベイビーカラーマスタークラスの写真

  • ザボはどんな女の子と女性のワードローブを補完することができます。ジュアバはきれいな美しくてエレガントに見え、簡単に、そして一種のハイライトを与えます。ジャブスを見ることは縫うのが非常に難しいようです。しかし、不可能は何もありません、そして家でジャバを縫うことが可能です。主なことはあなたが好きな資料を取得し、行動に進むことです。これがパターンです。その上にジャブを縫うことが非常に可能です

Jabs女性のブラウスマスタークラスドレス

  • あなたは答えを知っていますか?

30分のマスタークラスのためのレースからのザボ

  • 著者:

テキストを表示

  • テープからのザボ

Jabsはそれを自分で縫い付けます

  • マスタークラス「リボンからのZaboと自分の手でレース」で、おしゃれなアクセサリーを自分で作る方法を表示します。

6001。

6002。

  • 写真1.働くために、私たちは資材や道具を必要とします。

6003。

6004。

写真2. 6ストリップのレースを切ります。

6005。

ザボはどんな女の子と女性のワードローブを補完することができます。ジュアバはきれいな美しくてエレガントに見え、簡単に、そして一種のハイライトを与えます。ジャブスを見ることは縫うのが非常に難しいようです。しかし、不可能は何もありません、そして家でジャバを縫うことが可能です。主なことはあなたが好きな資料を取得し、行動に進むことです。これがパターンです。その上にジャブを縫うことが非常に可能です

6006。

あなたは答えを知っていますか?

6008。

写真3.サテンリボン5 cmのうち13 cmの2ストリップ、13 cmの4ストリップの2ストリップ、長さ15 cm。

6007。

テープからのザボ

6009。

マスタークラス「リボンからのZaboと自分の手でレース」で、おしゃれなアクセサリーを自分で作る方法を表示します。

6001。写真4.テープの長さのストリップは片側に15 cmです。半円で半円を切り、切断の場所を処理します。私たちはJABの基盤を受けました - それに私たちはレースを貼り付けます。

6010。

写真5.サテンテープのセグメントから一貫して弓を集める。ベルトの詳細

6002(700x525,571KB)

6003(700x525,634KB)

写真6-7。レースのストリップには小さい折り目を作り、糸を集める。

6004(700x525,480KB)

写真8-9。基本の端で、私たちは最大のラフを接着します。

6005(700×525,517KB)

この記事を最後に読むには、次のページに進みます。

6006(700×700,558KB)

写真4.テープの長さのストリップは片側に15 cmです。半円で半円を切り、切断の場所を処理します。私たちはJABの基盤を受けました - それに私たちはレースを貼り付けます。

6007(700×525,603KB)

/kollekcija.com/wp-content/uploads/2015/11/6008.jpg "target =" _blank "> http://kollekcija.com/wp-content/uploads/2015/11/6008.jpg 700W" />

写真8-9。基本の端で、私たちは最大のラフを接着します。

写真10.さらに、降順に、私たちは残りのレースの規則を接着します。

写真11.弓を貼り付けます。

写真12.余分なテープをゆっくり切断して、レースのストリップを接着し、ピンを固定する場所を固定します。

写真13.レースに、私たちはあなた自身の手で作られた、テープとレースから頭とジャブを接着します。

衣類装飾のこの要素が独占的に男性の装飾でした。レースのジャブで飾られた美しい、ゆったりとしたシャツ、その上に貴重なブローチを積み上げました。それは絶妙で素晴らしく見えました。

  • 有名なファッションファミレカールラゲールフェルトのおかげで、新郎の時には退屈なオフィスのブラウスを飾る素晴らしい機会がありました。
  • さまざまな長さの布から掃除され、テクスチャは洗練された画像を作成し、衣装をリフレッシュし、それをより高価にして、とりわけ女性をハイライトします。襟は時々ブラウスに縫い合わせるが、ほとんどの場合、この商品を別々に購入した場合、あらゆるシャツを装飾することができます。
  • あなたがすでに1つの店ではなくジャブを見つけられなかったので、購入でアイデアを投げることをお勧めします。代わりに、適切な素材を購入し、手の中にスレッドで針を取ってください。
  • いくつのアイデアが存在するか驚く。この首輪がレースの問題から排他的に縫ったことを慣れていますが、ファッションの傾向はさまざまなアイデアの影響を受けています。この記事では、トイレのこの詳細をどのようにそして何を着るか、彼女の特徴とは何ですか、そして縫製方法を検討してください。

着る方法?

この壮大で贅沢な女性のワードローブの豪華な要素は、他のものと組み合わされています。

カラーはすでに飾られているので、フリルなし、急いで装飾的な編み、パターンやその他の気を散らすコンポーネントなしのシャツを選ぶようにしてください。あなたがJAUBを類似のコンポーネントと組み合わせると、女の子は長すぎて、ばかげていることさえも見えます。

衣装を拾う、着色に注意してください。単体材料を選ぶことをお勧めし、カラーは対照的な色合いになることがあります。例外は市松模様のシャツです、それはFeltからそれまでの襟を取り付けるためのファッショナブルな動きと考えられています。

長い/短いチェーン、ビーズ、スカーフ、スカーフなどで画像を補完しないでください。例外 - ブローチ、しかしカラーが現代のスタイルで満たされていない場合にのみ。

  • レースから作られたヴィンテージ要素は、必ず適切な色の敷物を完成させてください。ブローチは、例えば半貴石(onyx、瑪瑙、腎炎、琥珀など)から、画像(カメオ)、通常の高品質の宝石類も昔の日に行われます。
  • 取り外し可能な襟の特徴
  • 以前は、雑誌やベルトに緑豊かなレースがあるブラウスの雑誌やテレビでモデルを見ているほとんどの消費者は、そのようなシャツを探すために充填されました。
  • 今すぐ取り外し可能なジャブはファッションに入りました、彼らの利点は、どんな製品に飾ることができる - そしてドレス、そして退屈なブラウスであるということです。

このアクセサリーは必ずしも衣装と同じ色を持ちません。彼らは対照的な、白い背景 - 黒い飾り、またはオレンジと桃、赤と黄金などであることがあります。 1つの配色(Terracotta +穏やかなクリーム、ゴールデン)には、色、同一、または関連が対照的である可能性があります。

カラーの製造ではそのような構成要素を使用します。

サテン、レース、ビーズ、弓、チェーン、ブルックスのリボン。

スパンコールの使用、リベット - それがアンティーク製品ではない場合。

衣服の統合のために、特別なフックが使われていますが、ピンはより快適で強いです - 彼らは硬くしっかりと装飾を固定しています。

オープンワークリボンは、カラーを後ろから結び付けるためにも使用できます。

アクセサリを作成するときは、あなた自身の図の特殊性を考慮してください。体積カラーは薄い女の子にとって理想的です - 彼らは胸部を視覚的に増やします。女の子がかなり大きなバストを持っているなら、彼は緑豊かな製品のアイデアを拒否する必要があります。あなたはまだレースとフリルを使うことができますが、小さいボリュームの中でちょうど小さいボリュームでは、シルエットは重すぎるでしょう。

私たちはあなた自身のハンズで弓を縫います

  • 膨大な数のアイデアがあり、それらのいくつかは予想外のワードローブのアイテム、たとえば市松模様のシャツで装飾されています。
  • ドレス、ブラウスに理想的なモデルがあり、それらをはるかに面白くしています。たとえば、数時間以内に通常の襟を縫うことが、Vintageのスタイルで画像を作成して、今や普及しているシェブビイクです。

シンプルフェルト/フェルトアクセサリー

  • このシーズンはファッションセルで、古い市松模様のシャツを更新して他のファッショ張りの中で際立っているのはけがをしません。女性のイメージを有益に飾る簡単な要素。それは縫いつきがどれほど簡単なのか素晴らしいです。
  • それは文字通り約10分間かかり、パターンとカットコンポーネントを作成します。さらに15分間、それはコンポーネントを一緒に縫う必要があるでしょう。半時間と装飾の準備ができて!
  • あなた自身の手でボウルを縫う方法+パターン+写真、ステップバイステップ:
  • フェルト/ソフトフェルト、約5つのボタン(異なる、または同一の - ファンタジーの作り方)、留め具のための2つのピン。
  • 手から、後に表示されたパターンを描くか、印刷します。すばやく描くには、紙のシートをスクリーンに取り付け、輪郭を介して鉛筆/マーカーを介して回路を取り付けます。

  • 注意!より多くのパターンが、より強いが曲がり、緑豊かな要素を作ります。
  • フェルトを半分に折りたたんだ(または2つの部分を折り返す)、パターンを取り付け、チョークで丸で囲みます。輪郭をカットすると、2つの部分が作成されます。
  • 冷たいピンが一緒になって、将来のカラーの2つの同一部分を切り取ると感じました。
  • 2つのコンポーネントを顔の内側にまとめて折ります。両方の部分が互いの輪郭を完全に繰り返すようにフェルトを徹底的に整列させます。
  • 注意!より多くのパターンが、より強いが曲がり、緑豊かな要素を作ります。
  • フェルトを半分に折りたたんだ(または2つの部分を折り返す)、パターンを取り付け、チョークで丸で囲みます。輪郭をカットすると、2つの部分が作成されます。
  • 冷たいピンが一緒になって、将来のカラーの2つの同一部分を切り取ると感じました。
  • 2つのコンポーネントを顔の内側にまとめて折ります。両方の部分が互いの輪郭を完全に繰り返すようにフェルトを徹底的に整列させます。

機械に座って、短い行を渡ります。

以下のようにワークを配置してください。

ワークピースの鉄を囲むように慎重に歩き回るはずです。

タイプライターに再度座って、前面から中央にジグザグシームを作ります。そのため、製品はフォームを保持します。

選択した順序でSeamで選択したボタンを縫います。

2つの場所で(上から中央に)ピンのトリック - 彼らは付属品を服に攻撃します。

信じられないほどスタイリッシュな要素が解放され、カジュアルな着用を飾ることができました。

Leave a Reply

Close