ムカルチン投与量と禁忌に子供たちを贈るのにどんな頃に - Lortut

子供にムカルチンを取ることは可能ですか?

何歳から、子供たちはミカルチンの投与量と禁忌を与えることができます

今日、子供たちはしばしば、気管支炎、肺炎、気管炎のような呼吸器疾患を越えて得られます。そのような疾患の全体的な兆候は、痛みを伴う咳の強い徴候です。そのような疾患に対処するために、現代の薬が使用されています。

Mukaltinの子供たちは適切な使用に害を及ぼさないであろう、薬は体の推奨される影響を強化します。また、身体の包囲と抗炎症機能は気管支で活性化されます。

この場合、その組成は専用の野菜部品を有する。

フォームリリース

検討中の薬物は錠剤の形で産生される。使いやすさのために、薬を少量の液体に溶解することができます。薬はAltea Juiceに基づいており、これは主な活性成分です。

薬物の使用は、気道に保護フィルムを形成することを可能にする。それは炎症の刺激の発症を防ぎます。

放出されると、錠剤は灰黄色を有し、水しぶきまたは大理石の色合いを補充した。それらの形状は円筒形であり、匂いは具体的な性質です。薬の一部としてはワイン酸またはステアリン酸カルシウムがある。

Mukaltinが任命されたとき

どの形式(急性または慢性)が病気を有するかにかかわらず、医薬は呼吸器系の以下の疾患の下で処方される。

  • あらゆる形態の肺炎
  • 誰が咳をしています。
  • 気管支炎閉塞性型
  • 木の気管支の木の拡張
  • 気管内膜炎
  • 急性気管炎

上記で考慮されているすべて、疾患は厚い痰を形成するという事実によって組み合わされる。それは容易に分離されておらず、体を離れるのが難しい。

これらの疾患の存在は治療のための直接的なシグナルです。肺には多くの粘液がある気管支炎の種類があります。彼らは詰まっただけです。

粘液の量は徐々に起こるのか、吐き気を奪うときに起こることが何であるか?この場合、医師の意見には不一致があることが起こります。

主な課題は、大量の流体を使用して希釈された痰の流出を確実にすることです。また、加湿空気でのレセプションを使用することをお勧めします - これは痰にとってより容易になる。

子供に効果的なMukaltinは、粘液形成を希釈します。薬物の作用下では、粘液分離および促進粘液収率が起こる。すべての感染過程は鈍くて時間がかかります。薬が湿った咳をしている場合にのみ患者に適していることを覚えておくことが重要です。

命令の規則によれば、痰の放出を伴う病気の治療に薬を使用することができると言われている。 Mukaltineが痰のない乾燥咳をしたときに子供を服用した場合、咳の強化のみが起こります。

どのような咳を理解するにはどうですか?

次の兆候を考えると、咳浮遊(乾燥または湿潤)ができることを理解するために:

  1. 攻撃中、喘鳴(聴覚障害者または賑やかな気泡の形)。
  2. 反転の結果として、透明な一貫性の粘液が現れます。病気の形態が走っている場合、粘膜割り当ては白、黄、緑、そして血液の縞模様でさえあります。
  3. 寝た後、朝の咳心配の形で不安。これは、夜間に大量の痰が蓄積されているという事実を説明しています。彼女は路面外に必要です。
  4. 声がharseになり、睡眠後 - 奈落はまったく存在することができます。

それは注意を引くことが重要です:自宅での咳の種類を決定するとき、類似の症状を示す疾患があるので、独立した治療に対処する必要はありませんが、治療は異なる必要があります。自己薬は子供を傷つけるだけです。

薬物の選択と治療システムの任命は医師によって排他的に実践されるべきです。ムカルチンは、治療中の追加の医薬品の形で処方されています。

異なる年齢での子供のための投与量

その技術の後の薬の効果を改善するために、1時間で食事を食べる前に使用することが重要です。受信頻度は1日3回十分です。

  • 1時間で朝食前。
  • 1時間で夕食の前に。
  • 1時間で夕食まで。

例えば味のために薬物の使用に問題が生じると、いくつかの蜂蜜またはシロップを組成物に添加することができる。それは不快な味を取り除き、子供は努力なしに薬を飲むことができるでしょう。

路上で夏の場合、あなたは新鮮な空気を吸うためにゲームと一緒にもっと頻繁に歩く必要があります。リカバリーをスピードアップします。

年間までの年齢

注目に値する価値があります - Mukaltinは医師の知識なしに、乳房年齢の子供たちに使用することをお勧めしません。医学の処方は専門家によって独占的に従事する必要があります。

最大3歳までの年齢

薬の指示は、Mukaltinが1~3歳のカテゴリーにある子供を使用することができると言っています。しかし、それは強い咳、ドライタイプでのみ行うことができます。

救済策は1日3回半ピルの半角に与えられるべきです。薬は食事の1時間前に受け入れられます。

薬物摂取量を改善するためには、服用の直前に、錠剤の一部を小さな部分に溶解する必要がある。

3~12歳の年齢

子供たちが3~12歳の年齢分野にある場合は、1錠に1日3回子供に子供をあげなければなりません。同じ数の技術を観察することが重要です、そして各食事までの時間(1時間)。

年齢が青年期(12年以上)に相当すると、1日3回、1回の受信中に大人2錠の用量を取ることをお勧めします。

Mukaltinとその副作用

母親が専門家の介入なしに薬を使った実験を開始した場合、粉砕は次のような問題を抱えているかもしれません。

  1. 温度インジケーターを劇的に増やすことができます。
  2. 眠気状態の出現
  3. 難しい呼吸が発生します。
  4. 皮膚全体に赤と発疹ナトリウムに似たアレルギーの症状。
  5. 消化器系の無秩序
  6. 吐き気、不快感、腹痛。
  7. 子供が潰瘍を患っている場合は、悪化の形で深刻な合併症があるかもしれません。

上記の項目のうちの少なくとも1つがそれ自身を現している場合は、投与量を減らすか、またはこの薬物の受付を完全に排除する必要があります。特に医薬が年の下で子供に与えられたとき、これについて医者に伝えることは重要です。それはMukaltinaの使用中に重要です、それに対してすべてを考慮に入れる。

Mukaltinは他の咳剤剤と一緒に使用してはいけません。濡れの過程を圧迫する際に作用するので、息切れの形で始まり、合併症が可能です。

投与量が正しく維持されている場合、Mukaltinは気管支を含む肺疾患の治療中に最も効率的な手段と考えられています。

記事では、Mukaltinaでの使用説明書を検討してください。それは子供の咳の治療に使用できる補助薬です。しかし、咳が発生する理由は排除できません。

この点に関して、薬物の天然組成にもかかわらず、それは包括的な治療の一部として排他的に使用されるべきである。単独療法「Mukaltin」の手段としては不発があります。

子供が子供のための「Mukaltin」植物に対する感受性を持っているならば、危険になることさえできることを考慮に入れることも重要です。

露光機構

医療機器内の主な活性成分は、粘液が豊富なAltea根抽出物であり、それは錠剤が野菜起源を有することを意味する。

亜麻の種子と同様に、ALTEAの根は粘膜をそれらと接触して包む能力を有し、それによってそれらの表面上に保護フィルムを形成する。この物質はかなり粘性で、主にデンプンといくつかの糖からなる。

したがって、抗炎症効果はありません。これは薬物ソーダの組成物中の存在を引き起こす。

リリースの形式

子供のための錠剤「Mukaltin」があり、それぞれの投与量は50 mgです。

シロップの形では、製造業者は製造業者によって製造されていません。

しかし、現在シロップの形の多くの類似体があります。類似体間の薬物のコストは最も低いので、「Mukaltin」よりも他の利点はありません。

つまり、「Mukaltin」よりも咳からのより多くの予算手段は存在しません。

薬局では、その一部として同じ有効成分が使用されているが、補助者は異なるため、Syrupsを購入できます。その中には、「RGITAL FORTE」、「DEUTKA」、「Altea Syrup」。

どのケースに「Mukaltin」が子供のために任命されますか?

どのような症状が規定されています

多くの消費者が興味を持っています:薬は何を咳から意図されていますか?子供のためのMukaltinは、軟化防止フィルムで過敏な粘液気管支とのどを覆う必要があるときに咳から子供を勧めます。これにより、乾式咳攻撃の重症度と頻度を大幅に削減できます。

咳の違いが乾いて濡れていることは、最初に炎症過程の始まりを話すだけではなく、その2番目は免疫が疾患とうまく戦っていることを証明していることを理解することが重要です。濡れているよりも鋭い咳の痛みで。

炎症を起こした場所と熱の乾燥との並行したこの痛みは、順番にそれを大幅に高めます。

子供のための「Mukaltina」の使用の背景に対して、咳を引き起こしたウイルスと細菌は死なないが、のどはそれほど多くなるでしょう。

さらに、薬物は粘膜の病原体と一緒に良好な結合剥離に寄与する。

したがって、乾燥咳療法を伴うムカルチンはまた、気管支中に蓄積し始めて粘性痰の除去を促進するという事実にも有用である。

子供での使用の兆候

使用説明書によると、Mukaltinは次の場合に示されています。

  1. 乾いた咳で、不明な病因を。咳の発展を引き起こしたものを見つけるために医者に相談するのが最善です。しかし、子供たちが免疫されていない、または緩和されていないとき、状況はしばしば頻繁に、子供たちは乾燥していないか冷たい空気などのさまざまな刺激から咳を始めます。そのような場合、ムカルチンは疾患の再発の発生を避けるでしょう。そのような場合の薬物の使用についての親のレビューは肯定的です。
  2. 肺炎の治療に。この場合、「Mukaltina」の使用は複雑な治療の要素としてのみ推奨されます。
  3. 喉頭炎、気管炎、気管支炎などの呼吸器系の上半身のウイルスおよび細菌性疾患、およびARZ。
  4. 肺の炎症または肺気腫。そのような疾患を有する子供のためのムカルチンは、これらの疾患の典型的な状態を促進するためにのみ使用されています。

医師は、薬物ベースの薬物ベースの薬物が呼吸器臓器のほとんどあらゆる疾患で湿潤咳段階の急速な発生に寄与することを示しています。

しかし、痰に新鮮な血液がある場合は、PUの大幅な不純物(この場合、痰が緑がかった色を持っています)は、短さのような邪魔な兆候がなくても医師を見せています。息や高温。

治療スキーム

何歳からの「Mukaltin」の子供たちが処方するの?薬は、その天然の組成のために任意の年齢から子供に割り当てることができます。主なもの - 子供は、準備中のコンポーネントのいずれにも感受性を持たないはずです。

しかしながら、幼児年齢の子供の医療機関の使用は、依然として医師と調整されるべきです。 3日間濡れている乾燥咳嗽の独立した遷移が好ましいことを覚えておくことが重要です。

そのような場合、粘膜の死細胞および気道からの病原性微生物はより良い出力である。

多くの人は子供に「Mukaltin」を与える方法を疑問に思います。

使い方?

子供の年齢に関係なく、1日3回、食事の約1時間前に救済してください。投与量薬、ならびにその使用のスキームは、子供の年齢によって異なります。 3歳未満の子供のためのドーズモカルチナ - 1日当たり1錠以上の錠剤。

つまり、各受信は25 mg(0.5錠)の子供に与えられるべきです。この手段は、ジュースまたは単純な水中に溶解するのが好ましい。できるだけ近く、シロップに砂糖や蜂蜜を追加することができます。

治療手順は非常に単純化されている。

3年から子供への咳からのムカルチンは、受付時に1つのタブレットを示しています。実際、そのような年齢の子供たちの治療には、薬物の成人用量が使用されます。違いは、成人が1回の受信で2錠を使用できることだけが存在します。子供の場合、これは受け入れられない。

治療期間

治療全体の期間は1週間以内であるべきです。この期間中に咳が湿った段階で乾燥段階から切り替えなかった場合、薬の使用は無意味です。 Mukaltinaを使用するための指示はこれを確認します。

使用のための推奨事項

ALTEA根拠の薬は、Codeineを含む医薬品と並行して行うことは禁止されています。後者は軽い麻酔効果を有する麻酔薬である。咳や鎮痛薬の両方でそれを検出することができます。

これらの物質の不適合性は、使用時に反対の効果を引き起こすという事実によるものです。したがって、Codeineは咳の中心の抑圧と重症度と咳周波数の減少に貢献します。

アルテアの根の治療は、順番に、痰がフリックする必要があると仮定します。

また、咳止めから、子供の「Mukaltin」は、最初の治療の間に大量の粘性痰の放出に貢献することも重要です。これは通常、患者が重いまたは慢性の形態で上気道の疾患を有する場合に起こる。

同様の効果は、気管支薬および肺のムカルチナの受容の開始がすでに大量の痰を蓄積し、その薬はその強化された除去を誘発するという事実によるものである。これを背景に、息切れの短さの短さの発展は排除されず、咳の豊富さ、および他の望ましくない影響の出現。

そのような場合は、「バジシン」や「ブロムヘシン」などの痰を濡らすための手段の「Mukaltin」受容手段を用いて治療を補完することが推奨される。

ALTEAの根が鉄、ペニシリンおよびテトラサイクリン系抗生物質の吸収を増加させることを考慮することが重要であり、またヘパリンの有効性を低下させる。したがって、ミカルチナをヘパリン、鉄含有薬物および抗生物質と組み合わせるとき、注意を払うべきである。

使用の禁忌

「Mukaltina」の使用を妨げる禁忌、少し。それにもかかわらず、それが観察された場合は適用されないでください。

  1. フェニルケトン尿症すなわち、アミノ酸の1つであるフェニルアラニンを吸収する遺伝性があると、Alteaの根を服用してはいけません。
  2. 糖尿病。澱粉といくつかの糖がMukaltinaにあることを覚えておくことが重要です。
  3. 血栓肉。それは、血液凝固の増加に関連する他のいくつかの疾患、ヘパリン注射が必要とされるという事実、その有効性はALTEAの根を服用することの背景に対して減少する。
  4. アレルギー反応。その組成物中の任意の成分に、ならびに植物を含む同様の物質に反応がある場合は、医療用製剤を使用しないでください。
  5. 肝臓と腎臓の病理学的変化この場合、私たちは中程度の体のデータ機能の中程度と深刻な違反について話しています。この制限は、薬物およびその代謝産物の除去が肝臓および腎臓を通して起こるという事実による。

副作用

「Mukaltina」の副作用は、消化管と不慣れな物質に対する消化管と免疫の予想外の反応によるものです。否定的な反応の中には、(子供がアレルギーではないとしても)アレルギーの発症の可能性に注意すべきです(たとえ子供がアレルギーではない)、吐き気、下痢、頭痛と熱感を伴う血圧を上昇させる。

子供のためのそのような自発的な反応は、体のすべてのシステムや器官がさまざまな条件に適応モードにあるという事実のために典型的です。しかし、子供がムカルチナの使用の背景に対して副作用のいずれかを持っている場合、医薬の類似体を拾うか、治療計画を変更するために医師に相談することが重要です。

"Mukaltina"のレビュー

薬物についてのほとんどのレビューは中性または陽性です。 Mukaltinは子供たちの中で治療をするときにかなり人気のあるツールです。薬物は毒性を持たないので、両親は特定の薬物の使用の背景に対して、悪影響は非常にまれであり、これは未然の利点です。

また、子供のためのMukaltinaのレビューでは別に、薬物の空室状況が祝われます - それはそのカテゴリーの中で最も予算であり、その価格はパックあたり15ルーブルのレベルで変動します。

それにもかかわらず、特に子供の薬を使用する前に、この薬を使用することの実現可能性を決定する医師の勧告を得ることが重要です。

私たちは子供たちにMukaltinを与える方法を見ました。

子供のMukaltin:メソッドと目的地が可能ですか

何歳から、子供たちはミカルチンの投与量と禁忌を与えることができます

この記事のおおよその読み取り時間:9分

小さな子供たちはかなりよく病気です。彼らの免疫システムは十分に強く、失敗することができます。特に季節の時代に子供が難しい。

ウイルス感染症が航空込んで幼稚園や学校では、ダミーの秋と風の強い春がARVIとインフルエンザの流行を走っています。病気から身を守ることはほとんど不可能です。

以下に、あなたが咳の治療のために子供のMukaltinができるかどうかについて学びます。

Mukaltinは錠剤を子供にします

子供の咳について少し

すべての子供の呼吸器疾患は、年齢、体の特徴、感染の深刻さ、および他の多くの要因によって異なる方法で進行します。しかし、風邪の中に最も一般的な病気の1つは咳です。

それは肺炎、気管支炎、気管あき、インフルエンザ、そして狭心症に現れ、それを避けるために実際的に非現実的です。子供の咳は特に残酷です。

子供たちは長くそして痛みを伴う伴奏に苦しんでいて、正常に眠り、そして食べることができず、そして率直に絶えず咳をする。

思いやりのある両親はすぐに小児科医に行き、キャビネットから薬の処方箋で出てくる。しかし、私たちの時間に、医師は現代の費用のかかる薬によってますます好ましくはいます。そして同時に、彼らはシンプルで長期の証明された手段を完全に忘れます。

mukaltinを作るもの

もちろん、これは最も安い、同時に効果的な咳の準備の1つです。

Mukaltinaには以下が含まれます。

  • アルテア薬用(強力な脱発剤特性を有する、軟化および炎症過程を軟化させ、軽減する)。
  • 重炭酸ナトリウム(言い換えれば、食品ソーダ、優れた脱出剤、消毒、酸媒体を分割し、中和する)。
  • ワイン酸(expectorpant特性)。
  • ステアリン酸カルシウム(錠剤形成に必要な補助剤)。

あなたが見ることができるように、かなりシンプルでさえも原始的な組成があるが、これがMukaltinaの主な利点です。専ら天然の成分、ほぼ100%の低刺激性、最低限の禁忌です。その結果、最小の年齢から子供にムカルチンを与えることができます。より正確に - 1年から。

毎年恒例の子供はすでに十分に強く、彼の体はこのツールに対処し、それを彼らの好意に変えるでしょう。だから、質問に対する答え - 2年間のMukaltinで子供を与えることは可能ですか? - できる!

Mukaltinを受け入れる方法

通常、ムカルチンは食事の前に1時間か半分に撮影されます。タブレットをできるだけ早くするためには、完全に溶解するまでそれは口の中に保持されなければなりません。それ以降に - 水のガラスを洗うために、すぐに飲み込むこともできます。

極端な場合(これは小児に適用されます)、Mukaltinは少量の水(約2-(3)杯)に溶解することができます。

混雑したタブレットに忠告して、それをスプーンで詰め込んだ乳牛、蜂蜜または凝縮乳に加えますが、この方法は望ましくありません。

合計で、受容日の間に、投薬は3:朝食前、夕食前の2番目 - 夕食前、夕食前の3番目 - 睡眠前。年上の子供たちのために、テクニック数は4に増加します。全体的な治療期間は最大2週間です。

1回の受信のために1から3年のタブは半分のピルのみを与えられます。

次の年齢層は変化します.3~5歳または3~7歳。この年齢は1錠の3つの受容体を含む。おそらく、5年で、子供はすでに別の年齢層(5~12歳)に行くことができますが、服用のために複数のタブレットを与えることはできません。

子供5-12または7-12年は1日4回1錠を取ることをお勧めします。

12歳から、Mukaltinは成人用投与量で受け入れられています:1日4回2錠。

時々子供たちの味のような子供たち

禁忌

天然の組成にもかかわらず、Mukaltinはまだいくつかの禁忌を持っています。

  • 年間までの年齢。
  • 乾いた咳。 Mukaltinは去痰薬です。したがって、痰がない場合は、助けないだけでなく、害を及ぼす可能性があります。
  • 砂糖糖尿病(彼を幼児にとってはありません)。
  • 胃や十二指腸の潰瘍。
  • 薬物の部品への個人的な不寛容。

さらに、咳脳中心を抑制する薬物と組み合わせて、マカルチンを使用することは分類不可能です(例えば、Codelk、Kaffetin、Nospalgin)。

サイドアクションMukaltina

Mukaltinaには実質的に副作用はありませんが、まれな場合には観察される場合があります。

  • 胃腸管の様々な障害(便秘または下痢、鼓腸、吐き気および嘔吐)。
  • 皮膚の発疹と刺激の形でのアレルギー反応。
  • 眠気と刺激
  • 体温を上げます。

湿った咳を乾燥から区別する方法

それはすでに述べた、痰があるときに湿潤咳でのみ使用することができると述べた。これを決定する方法

しっとり咳:

  • 濡れた咳で、痰は常に際立っています。病気やその発達の程度に応じて、色と一貫性が異なります。そしてそれは膿や血痕を含むかもしれません。
  • 非常に頻繁には、夜間に湿った湿った湿った湿った雨が出口が必要なので、同じ理由で咳が必要なので、状況が変わったときに咳が始まるので、咳が始まります(座っていた);
  • 咳はhoarseと笛を伴う。
  • それはしばしば高温です。
  • ほとんどの場合、湿った咳は鼻水、恒久的なくしゃみを伴う、目は赤面で、見て、無光が見られます。
  • 頻繁な呼び出しは不快感、後ろの筋肉、喉、のどを押します。

原則として、湿潤咳はほとんどの呼吸器疾患を伴うことがあります。しかし、覚えておくことが重要です:濡れた咳 - 乾いたよりも優れています。体が痰を割り当てる場合、それは彼が自己洗浄に従事していることを示唆しています。

その他の形態および適用方法

実際、伝統的にムカルチンは1つのタブレット薬用形態でのみ生産されていますが、この薬に基づいてあなたの子供のためのおいしい咳の薬を作ることができます。特に、Mukaltinaの丸薬は味が楽になるのは快適ではないので、幼児のために持つでしょう、そしてそこに喜びのある子供が小さくなるでしょう。

Mukaltinaの1日の投与量は100mlの沸騰水に溶解し、次に100mlを添加する必要があります。甘味料:ジャム、ジャムまたは蜂蜜。添加物の選択に慎重に選択する:それは子供からアレルギーを引き起こすべきではありません。

シロップは一日の専用にされ、1日以上保存することは不可能です!

さらに、子供に錠剤を持つように強制しないように、薬物吸入の伝統的な受容をネブライザーに置き換えることができます。この場合、1錠の錠剤が食塩水80mlに溶解し、4~5mlをデバイスチャンバ内に注いだ。得られたゲージを1~2回、1日3~5分間吸い込む必要があります。一般的な治療法は10日です。

伝統的なシロップや吸入を交換する前に、担当の医師と相談してください。

ところで、Mukaltinaの他に、同様の特性を有する他の薬はAlthea薬から産生されます。まず第一に、それは「Althea Syrup」と「Deutka」です(乳児、妊娠中および授乳中の女性にも適用できます)。

高価な薬のために追いかけないでください、時には古くて実証済みの薬はもう悪くなり、さらに良いです!あなた自身とあなたの赤ちゃんの世話をしなさい、暖かい暖かい、病気にならないでください!そしてまた、薬の全面的な指示に慣れることを忘れないでください。

Mukaltinの子供たちを与える方法 - 使用説明書

何歳から、子供たちはミカルチンの投与量と禁忌を与えることができます

ほとんどの一般的な子供疾患は上気道の炎症と関連しています。 Mukaltin(Mukaltin) - 薬はすでに長い間知られており、咳から1世代のコラを治療する時間があります。

無意識の効率化に加えて、このツールは利用可能なコストと副作用を展開するための最小リスクを含む有用なプロパティのリストによって特徴付けられます。

記事:

•薬の組成•使用の兆候•子供のための投与量•服用方法•禁忌と副作用•薬局の薬物の価格•子供の咳の治療の上のコマロフスキー博士

薬の組成

ムカルチンは、植物起源の排泄物、包み込み、抗炎症剤です。薬物は、少量の液体の吸収または溶解を意図した錠剤の形態で産生される。

Althea Medicinal Extract - 手段の主な有効成分。薬物の活性成分は痰の救いおよびその拒絶に寄与する。

Mukaltinaの使用は、気道の壁に保護フィルムの形成を保証し、それは刺激の発生を防ぐ。

ミカルチン錠剤の使用のための適応

Mukaltinは子供の治療に最適です。薬物は乾燥咳嗽、ならびに上気道の寒冷およびウイルス性疾患の治療のために処方される。薬は、肺炎、肺肺胞腫、気管膜炎、普通の気管、気管支疾患を治療するために使用されるべきであり、それは急な呼吸器疾患の結果を引き起こした。

赤ちゃんが強い摂食剤と抗炎症効果を必要とする場合に備えていることをお勧めします。

専門家のレビューによると、この手段の体に入るとき、呼吸気管支症の蠕動運動が活性化されます。

その結果、気管支に蓄積された粘液が軟化して自然に出力される。薬用受付と吸入を組み合わせることができます。

さまざまな年齢の子供のための投与量

Mukaltinaの受付からの効果を最大にするために、それは1日3回食事の1時間前に与えられるべきです。言い換えれば、朝食、ランチ、ディナーの1時間前に薬を飲む必要があります。

薬では、液体の蜂蜜や甘いシロップの数滴を加えます。それは薬の独特の味から液体を救い、かつ子供にとってより快適な手段を受け取るのを助けるでしょう。

1年間の子供のためにMukaltinを与えます(1歳)、医師に相談した後にのみ許可されています。

3歳未満の子供たち

指示は、強い乾いた咳の存在下でのみ、Mukaltinの子供たちを1から3歳の子供たちにすることを示しました。治療薬は1日3回1/2錠の投与量で与えられる必要があります。薬物の各レセプションは食事の1時間前に過ごす方が良いです。半錠剤、すなわち0.25 mg、あなたは少量の水に溶解する必要がある前に、0.25 mg。

3から12年まで

3年から12年までの子供たちは一度に1つのタブレット全体にMukaltinaの丸薬を服用する必要があります。 1日当たりの技術の数は変わりません - 1日3回、朝食、昼食、夕食の1時間です。 12年から老化した青年は、食事の前に3回1~2錠である成人用量を取ることができます。

ムカルチンを子供に服用するには?

上記のように、この救済策は食事の1時間かかることをお勧めします。薬の受付と食事の受容の間の最小時間は少なくとも1時間であるべきです。夕方には、錠剤は睡眠前に2~3時間与えられる必要があります。錠剤を溶解するために、ガラスの温水を半分にする必要があります。治療的コースは2週間を超えるべきではありません。

禁忌と副作用

典型的には、この薬剤は副作用の発症を引き起こさず、小さな患者の治療のための完全に無害な薬物である。乾燥咳嗽を治療するための薬を取ります。 Mukaltinaの使用説明書によると、この薬はカテゴリーで禁忌です。

  • 手段に含まれる成分に対する感度が向上する。
  • 胃潰瘍または十二指腸の潰瘍の存在。
  • 年間の子供たち。

Mukaltin Forteは、優れた耐性で有名です。しかしながら、場合によっては、薬物の使用は以下の副作用の発症を誘発することができる。

  • 発疹、皮膚フェリー、浮腫の形のアレルギー症状。
  • 消化器系の一部 - 吐き気、嘔吐、消化障害の一部への副作用。

1つ以上の記載されている症状の発達が直ちに医師にアドバイスする必要がある場合。また、この薬用製品を服用するのをやめる価値があります。過剰摂取を避けるために、両親は指示に厳密に従わなければならず、毎日の薬物投与量の統合を遵守する必要があります。

薬局の薬の価格

Mukaltinタブレット、50 mg、10個、メーカー:Galichfarm - 15ルーブル。

Mukaltinタブレット、50 mg、10個、メーカー:PharmSandard - 20ルーブル。

Mukaltinタブレット、50 mg、10個、メーカー:Dalkhimfarm - 20ルーブル。

Mukaltinタブレット、50mg、10個、メーカー:Himfarm - 20ルーブル。

レビュー

タチヤナ: 私の息子は3歳で、彼は喘息です。強い咳は定期的にすべての冷たい病気を伴います。そして百ヵ月前私たちは強い喘息攻撃を動かしました。 Mukaltinは本当に痛みを伴う症状から3歳の子供を救った。

カリーナ: 過去数年間で、彼はあらゆる種類の咳と彼らの治療のための方法を研究しました。私の意見では、この救い。私の息子は5歳です、そして彼はしばしば気にします。 Mukaltinは乾燥咳を取り除き、そして疾患の症状を促進するのに役立ちます。

アイリーナ: 私の娘はアレルギーですので、彼女が強い咳を始めたとき、私は最初に彼女のムカルチンを与えることを恐れています。私の喜びのために、薬は安全ではなかっただけでなく効果的でした。健康に害を及ぼさないためには、処方された投与量を厳密に観察することが重要です。

アナスタシア: 私自身、病気の時、通常はミカルチンを服用します。 3歳の息子が数ヶ月前に病気になった、医師はこの薬を任命しました。私は少し追いかけました。タブレットは実際に効果的ですが、私は彼らに小さな子供を与えませんでした。薬物に類似した類似の子供たちのシロップを交換した。

子供の咳の治療に沿ってコマロフスキー博士

以下の下記のリリースでは、子供たちの医者は咳を治療するいくつかの効果的で無害な方法について詳細に話します。 Komarovsky博士は、感染の有害な影響を受ける、弱い免疫システムを強化するだけでなく、絶えず根を止める方法を説明します。

子供のためのMukaltin - 適応症と適用方法

何歳から、子供たちはミカルチンの投与量と禁忌を与えることができます

あなたが病気の子供の小児科を見せているならば、あなたは必然的にレシピでオフィスから除外されます。そして、すべての薬の購入についてあなたは印象的な量を必要とするでしょう。そして、「健康は買っていない」と言っていることは、かなり本当ではないように見え始めます。

しかしながら、それぞれの高価な薬物は常により手頃な価格の類似体を有する。メインコンポーネントではない場合は、少なくともアクションによって。

したがって、今日の薬は咳を扱い、不公平な脱離ミカルチン - 安い、しかし天然起源の効果的な丸薬 - 背景に。

ムカルチンは、脱出剤および抗炎症手段を指す。

子供が咳登録された場合、お母さんの最初の行動は何ですか→

mukaltinが規定されているとき

薬物は、急性または慢性形態で下気道の下記の疾患の下で処方されています。

  • 気管炎
  • 気管内膜炎
  • 肺炎。
  • 気管支切開症(気管支樹科の拡張)。
  • 閉塞性気管支炎これは指示に従ってMukaltinの治療の直接的な指標です(使用のためのダウンロード説明書)。しかし、コマロフスキー博士その他の意見。彼は、この様々な気管支炎で肺が粘液で詰まっていると言います。あなたがexpectorantを取るならば、その数量は増加します、それは分類的に不可能ではありません。この場合の課題は、痰の救いを確実にすることであり、豊富な飲酒および加湿空気でそれを排出することです。

薬物は痰を希釈し、それを反転させるように刺激する。

これらの疾患全ては、それらが厚い痰の形成を伴うという事実を伴い、それは不十分な厚さが不十分でありそして困難である。 Mukaltin 選択の排出とそれらの体積の増加を促進します。 これにより、咳が容易になり、粘液は気道で攪拌されず、感染は深く動いていません。

重要!この薬はインターネットに表示されることができるという事実にもかかわらず、濡れた咳が濡れている場合にのみ適しています。

使用公式の手順では、「広葉樹痰の形成を伴う疾患を治療するために摂取する」という書面が書かれています。乾燥タイプでは、粘液は製造されていません - つまりまったくありません。あなたがムカルチンを子供に与え始めたら、あなたは喉の刺激を高めるだけです。

それは以下の徴候で、子供の咳の湿ったタイプです。

  • 攻撃中、喘鳴(ビュッフェ泡の聴覚障害)。

喘鳴が聞こえたら、濡れた咳です。

  • 反転の結果は厚い透明粘液です(疾患の走行が白、黄色、さらには緑の塊、血痕を含むかもしれない場合)。
  • 目覚めた後の朝に最も心配しています。これは、多くの痰が一晩蓄積され、彼女は様式を必要とするという事実によって説明されます。
  • 声はハスキーになり、hearseがあり、寝た後は消えた後です。

濡れた咳についてもっと読む→

注意!咳の種類を独立して決定することで、自己瞑想しないでください。 Mukaltinは他の薬と複雑に子供を与える必要があります。そして彼らの選択は病気の原因となるものによって異なります。したがって、最初の機会で子供たちの医者を訪問してください。

薬は製造されます 錠剤の形でのみ。 これらの各々は、薬物のAltayから単離された、0mgのムカルチナ(主成分) - いわゆる多糖類を含有する。この組成物には補助物質も含まれます。

  • ワイン酸。
  • ステアリン酸カルシウム塩。
  • 炭化水素酸塩ナトリウム。

薬物の主成分 - 薬物のアルテアの根の抽出物。

平円筒錠は薄灰色で塗られており、時には茶色の色合いで塗られています。表面は介在物を含み、大理石効果を生み出すことができる。

面取り(ブロックされた縁)とリスクがあります(錠剤を半分に分割された線の形で深める)。個別に販売されている水疱に10個入ります。

2~5プレートを含む段ボールパックと使用の詳細な説明書を購入できます。別の包装オプションはポリマーバンク(20~100錠の包装)である。

Mukaltinaの香りは特異的で鋭い、子供たちは好きではありません。 薬の味は酸っぱいです 子供のためにそれを受け入れる理由も子供たちのためになれます。

準備の種類があります - Mukaltin Forte。それは主成分の二重濃度によって区別され、そして異なる組成の補助物質を有する。ビタミンCを有するMukaltin Forteの非常に効果的には、これらの薬の類似性にもかかわらず、それらは異なる禁忌を有することに注意してください。子供たちに薬を与える前にそれらをチェックしてください。

使用前に医師に相談してください。

ベロニカは失効に書き込みます。

「気管支炎では、娘はムカルチンを処方し、免疫アスコルビン酸を強化した。しかし、薬局に来たのは、これらの2つの手段が子供に適した投与量を備えた1錠にすぐにある可能性があることを学びました。非常に快適に」。

製造業者とコスト

錠剤は国内製薬会社で作られています。

  • ガリックファーム。
  • Dionis-Pharma。
  • vifer;
  • TatchimFarPreparations;
  • メディソルブ;
  • PharmSandard。

1つのブリスター(10錠) - 7-17ルーブルの価格帯。

Mukaltinの仕組み

手段 それは分泌性、希釈されたそして膨張者の行動を持っています。 体内に調べると、ムカルチンは気管支腺に影響を与え、産卵量を増加させます。

粘液自体が液体になる。そして、呼吸器のライニングキャビティの財政上皮の活動の増加により、割り当ては急速に出口に向かって移動している。

秘密を咳をするときに排泄性が悪化します。

痰の除去のおかげで、気道は清掃され、それらの換気は改善されます。粘液は大量のウイルスおよび/または細菌を含有する。そしてその崩壊と一緒に、体は病気の原因物質を残し、それは迅速な回復に貢献します。

薬物の使用の徴候は呼吸器系の慢性疾患および急性疾患である。

子供の治療Mukaltin

薬物の指示は子供の最低年齢を明記しておらず、これらの丸薬を与えることができます。そのため、意見が発散しています。あなたが1歳から子供を治療することができると信じています - 3年から。赤ちゃんさえも、ムカルチンを治療することもあります。

薬の形を考慮して、子供がどのようにそれを取り込むかを想像することは困難です。いずれにせよ、子供が3歳になったが、これを使用することが可能であるならば小児科医に尋ねる必要がある。そしてそうであれば、何の量で。

医者だけが3年間の子供のための治療を規定することができます。

マリア左フィードバック:

「高温で強い咳をして病院にぶつかると、キルイチは4.5ヶ月でした。そしてすべての処方薬の中ではMukaltinであった。 1日3回半ピルを埋めることが必要でした。

受講した医師はあなたがどのようにするかを言った:ボトルの中で一人の摂食で牛乳をたどるために、粉末のために治療を加え、赤ちゃんを振る。

乳房を養いないのであれば、人工混合物を使うことができます。」

年齢による投与量:

  • 3年まで - 医者にチェックを入れる。
  • 3-12歳 - 1日3回1日1回。
  • 12歳以上 - 1日1~2錠。

薬物 食事を摂る (朝食、昼食、夕食)、水のガラスを飲む。まだ噛むことを学んだ子供たちのためのMukaltinは、スプーンが必要です。得られた粉末は、任意の飲み物(暖かい茶、コンポーテ、ミルク)の中で繁殖することです。あなたはそれを少数の蜂蜜やジャムと混ぜることができ、子供をあなたの口に送ってからそれを与えます。

タブレットは水によって動く必要があります。

癒しのコースの最小期間は7日です。最大 - 14日。この間の疾患が後退していない場合は、小児科医に診て医薬の治療や交換の有効性を確認してください。

禁忌と副作用

Mukaltinは子供たちには与えられません。

  • 胃または十二指腸の消化性潰瘍。
  • コンポーネントへの個人の不耐性。

典型的には、薬物はよく移動される。 まれな場合は、かゆみと発疹の形でアレルギーを始めます。 時にはDyspepsiaが発展しています。この状態は「スプーンの下に吸う」と腹が埋められているようです。

薬の利点と欠点

最初のリストMukaltinaのマイナス:

  • 小さな子供を服用するのに不便であるリリースピルの一形態だけ。
  • あまり快適な味と香りがしません。

Mukaltinaを擁護すると、1つのフォームの存在についての声明がかなり真実ではないと言えます。 ALTHEAに基づいて、他の名前だけで、他の咳準備が利用可能です。

  • 快適な味と香りを持つアロペシアシロップ。あなたは新生児の子供さえも与えることができます。 55~100ルーブルの100~125 mlのボトルの価格。
  • アルテアシロップ。彼がすでに2歳のならあなたは子供を与えることができます。 125mlのボトルは35~50ルーブルです。

Mukaltina - Altea Syrupのより高価なアナログ。

  • Altechnic Syrup。 3年までの子供を申請する可能性は小児科医によって明確にされる必要があります。平均コストは200ルーブルです。

Alteaの根の抽出物を使ったシロップについての詳細→

Mukaltinaもっと:

  • 効率。
  • 薬理学的作用類似体と比較した低価格(ダースタイムズ差)。
  • 罰金なし。安い道具は偽物に不可能なものであるので、あなたは私が子供たちにPuffer Tabletではなく医学を与えることを確実にすることができます。

Mukaltin錠に置き換えることができる薬の価格の簡単な概観:

  • Lazolyvan。タブレット - 160、Pastili - 180、シロップ - 200から350ルーブル。

Lazolyvanはまた痰放出の過程を刺激する。

  • ジョセット。シロップ - 200-250ルーブル。
  • フルジテック。シロップ - 約380ルーブル。
  • カルボニスチン。 Syrup - 200-350、顆粒 - 400、カプセル - 約350ルーブル。

様々な活性成分にもかかわらず、上記の薬物の薬物作用は家庭用ムカチンと類似している。彼らだけが輸入されています。

InGaは指示します:

「財布には常にいくらかの量があります。そして最後に私が咳や眉をひそめさせたために薬局に行きました。私はお金を忘れました。カードだけがあり、その上に - 給与の残高は35ルーブルです。薬剤師がLazolyvanの代わりにMukaltinを購入することを申し出たので、家に帰りたいと思いました。私はすぐに3日間の水疱のコースを撮りました。そして彼らは錠剤が有名なシロップよりも悪いことを助けました。」

濡れた咳の治療のための薬を選ぶとき、子供は価格だけでは案内されることができません。あなたがあらゆる薬よりも赤ちゃんを与えるならば、彼らがMukaltinと互換性があるかどうかにかかわらず、必ず医師に尋ねてください。一緒に服用できないという手段があります:彼らは治療的性質を失うか、子供の体に有害な新しい物質を形成するかもしれません。

アリザニキチン

2016-08-27

子供のためのMukaltinaの使用の特徴

何歳から、子供たちはミカルチンの投与量と禁忌を与えることができます

子供たちと10代の子供たちは大人よりもはるかに一般的です、彼らは気管炎、気管支炎、肺肺腫、気管炎炎、肺炎のようなそのような呼吸器疾患に病気です。このパターンは、子供の免疫システムがはるかに弱いという事実に関連しており、それは意味のある感染症にさらされます。

上記の疾患に伴う主で最も不快な症状は、定期的な発作を伴う強い咳です。

この点に関して、現代の医療用医薬品市場は、乾いた咳から多数の多様な子供の丸薬を小さな患者さんを提供しています。 最も有名で人気の一つはMukaltinです。

病気のベースの多くの親は、この薬の彼らの希望を課すことがよくあります。

薬の特徴

ムカルチンの丸薬が医薬製剤であるという事実にもかかわらず、彼らは子供たちに害を及ぼすことができません。

この事実は、そのような薬が「Alhai」と呼ばれるかなり無害な医療プラントに基づいているという事実によるものです。

彼に加えて、子供を対象としたMukaltinという手段は、その組成物中のワイン酸および重炭酸ナトリウムを含む。

使用の兆候

錠剤「Mukaltin」は、両親がごちそうなしで子供たちを与えることができる最も効果的な薬です。彼は乾いた咳をした子供に任命されています、そして上気道の寒さまたは鋭いウイルス性疾患を闘うために。

あなたの赤ちゃんが肺、気管菌炎、肺炎、気管支細胞疾患、あるいは普通の気管炎のような不快な病気を急に発症した場合、強い咳攻撃を伴う普通の気管炎、そしてMukaltinaの正しい受容は子供の小麦粉を軽減することができるでしょう。短時間。

この薬学的治療は、赤ちゃんがかなり強力な摂食剤と抗炎症効果を必要とする場合にのみ服用されるべきです。

専門家によると、子供の体を貫通して、Mukaltinは財政上皮の作業を大幅に促進します。また、薬物を使用した後、子供は呼吸気管支の蠕動運動によって活性化されます。その結果、気管支に蓄積された粘液が、粘液が軟化し始め、その後外向性が完全に出力されます。

薬の禁忌

ほとんどの場合、そのような薬は子供にとって完全に無害です。しかし、乾いた咳でこれらの丸薬を飲んでください。薬物に沿って行く指示は、次のような場合に子供を飲むことを禁じられていると厳密に禁止されていると述べています。

  • 子供が手段のいくつかの構成要素に対する感度を上げた場合
  • 赤ちゃんが胃潰瘍や12-Tech潰瘍と診断された場合。
  • また、Mukaltinは年間まで子供には与えられません。

ムカルチンを子供に与える方法

肯定的な結果を早急に出現するために、ムカルチンは、夕食の前、そして最後の夕食の前に、1日3回、それは朝食の前に、子供にちょうど1時間、すなわち朝食前に子供に与えることをお勧めします。

この薬に適用される指示は、1年目から3年間の子供たちのそのような丸薬が1日3回の半分の受取の後にドライキャフでのみ与えられるべきであることを示唆しています。 3~7歳の医薬品は1日3回、1錠で服用しなければなりません。年長の子供たちは1日3回2錠を1回飲むことができます。

出願の方法 - 口腔内を完全に保つための薬。

しかし、あなたは30ミリリットル(または2杯の)でエージェントを溶かして、わずかにフィックされた沸騰水で繁殖することをお勧めします、この受信方法は迅速な攻撃的効果に貢献します。

Mukaltinaは非常に独特の味を持っています、そしてすべての子供たちがこれを避けるためにそれを避けるためにそれを取りたいと思うわけではありません、あなたは少量の甘いシロップまたは液体の蜂蜜を加えることができます。

即時効果を待たないで、身体内に十分な数の活性物質を蓄積した後にのみ、薬物はすぐに行動し始めます。

「ミカルチン」は野菜ベースでの鎮咳製剤です。これは咳から子供を完全に届けることを意味しますか?

子供の中で咳をするとき、多くの人はMukaltinについて覚えており、質問に対する答えを探しています: "Mukaltin"は何歳の子供たちから与えますか?この質問に答えるには、どのような薬物を理解する必要があります。

それはそれぞれ50mgの活性物質を含有する錠剤の形態で製造される。それは主にアルテアとソーダの根の抽出物からなり、これは薬の解熱特性および抗炎症特性を担う。

薬の野菜の自然さは、倒れた子供の両親を紹介してはいけません。咳がある戦場での「Mukaltin」のみは戦士ではありません。薬剤師や医師は理由がないと考えていません。あなたが1つのMukaltinで風邪を治療するならば、それは意味がありません。

さらに、安全では、一見すると、薬の野菜組成物はアレルギーにとって危険かもしれません。

動作原理

"Mukaltin"はあなたは子供を与えることができますか? Medica薬Next:Altea Root Extractは粘膜を封筒を包み込みます。したがって、抗炎症特性について話していません。それらはソーダを補償するためにある程度設計されています。それが「Mukaltin」があるものであり、あなたが子供を与えることができる何年齢で - 私たちは以下に言うでしょう。

Mukaltinaは、丸薬よりもはるかに興味がなくなった子供たちが多くのシロップ類似体を持っています。例えば:

  • "Altea Syrup";
  • 「アルテシア」;
  • "RGITAL FORTE"

しかし、「Mukaltin」の費用では他の錠剤とは好適に異なります。安い、おそらくアスピリン

冷たいまたは気管支炎の初期段階で、咳が乾いて頻繁に頻繁になると、スロートまたは気管支の粘膜の刺激が起こる。粘膜を保護するために、咳の強さを軽減し、炎症を起こした喉に痛みを起こし、フィルムでシェルを覆う必要があります。この特徴は、Mukaltinaに含まれているALTEA根抽出物です。子供は話すことや食べるのが苦痛になります。

薬物の使用のための徴候:

  • 乾燥した、頻繁な咳。
  • オルツ;
  • 気管支炎;
  • 気管炎
  • 喉頭炎。
  • 肺の炎症または肺気腫。

バクテリアとウイルスから「Mukaltin」は保存されません。しかし、それはそれらが含まれている粘性痰を除去するのを助けるでしょう:粘膜の排出部と疾患の病原体と一緒に薬を形成する保護フィルム、咳が崩れ、そして気管支に蓄積しない。したがって、Mukaltinは湿った咳の段階をもたらします。主なものは、痰の中の血液や膿を含まないことです。

あなたが「Mukaltin」を与えることができる何歳から

アレルギーがない場合はあらゆる年から。しかし、4~5歳の子供たちが薬を飲み込むことができるならば、例えば、1歳の子供たちに問題が発生する可能性があります。しかし、「ミカルチン」は温水によく溶けていて、温かい飲み物や牛乳と混ぜることができます。

Mukaltinは食事の1時間前に1日3回消費される必要があります。投与量はそうです。

  • 3年まで - 1日当たり1時間半の錠剤(チョークの半分に3回)。暖かいジュースまたはシロップソリューションで投与量を溶かします。
  • 3歳から - 1つのタブレットで1日3回。
  • 受信率は1週間です。この間咳が通過しなかった場合、病気は予想よりもはるかに難しいことが最も難しいので、あなたは医者に相談する必要があります。

他のものを選ぶほうがいいとき

あなたが何歳から「Mukaltin」の子供 - 絶対に重要ではありません。主なことは禁忌がなかったということです。そして彼らは!以下の場合、受信「Mukaltina」は禁止されています。

  • 食材へのアレルギーを使って。
  • 血栓症と血液凝固の増加のとき。 Mukaltinは血液希釈のための資金の有効性を低下させる。
  • 糖尿病でミリタウス。 Mukaltinaには砂糖と澱粉が含まれています - 糖尿病患者のための本物の「リーブ」。
  • 体がフェニルアラニンを吸収することができないこと。
  • 腎臓または肝疾患で。体からの薬の撤退を担当しているのは、彼らを「Mukaltin」に過負荷にするべきではありません。

薬は以下の副作用を有する:

  • アレルギー;
  • 吐き気;
  • 下痢;
  • 圧力の上昇

使用のための推奨事項

さらに、モカルチンはコドネージ調製物とは互換性がない。そしてコデインは、咳から、そして痛みの軽減、温度の両方からの多くの薬物に含まれています。

CODEINEブロックCough Centreをブロックし、その周波数を低下させます。そしてMukaltinは激しい咳で動作し、濡れに役立ちます。そして薬物が反対方向に作用するとき、それから私たちはどのような影響を与えることができますか?

Mukaltin、 "Bromgexin"、 "Vazicicin"または同様の基準での調製物と一緒に推奨されています。それらは薬物を表示する痰を濡らすために必要です。

Mukaltinの子供たちは生産的または湿った咳をした吐出者として処方され、それは粘性の高い硬化痰を形成します。これは実質的に禁忌を持たず、望ましくない反応を引き起こす野菜医療です。しかし、治療開始前に子供に害を及ぼさないためには、Mukaltinaを使用するための指示を読む必要があります。

フォームリリース

子供のためのMukaltinの錠剤とシロップ

ムカルチンは錠剤で産生されます。

薬物に加えて、吸収のためのシロップと丸薬で産生される悪いムカルチンのビアリンがあります。

組成

主成分としてのMukaltinはALTA薬物を含んでいます。

錠剤中の脱出剤はいくつかの医薬会社によって製造されているので、不活性成分の組成において異なる場合がある。薬は以下の追加物質を含み得る。

  • ワイン酸。
  • Plazdon K25。
  • ソーダの重炭酸塩。
  • E-572;
  • レモン酸。
  • スクロース。

シロップの組成には、以下の不活性物質が含まれる。

  • 白砂糖;
  • E-330;
  • 精製水。

売り出しの規則

Mukaltinは、非処方手段のリストを指します。 Badは薬局だけでなく、専門販売部門にも購入できます。

動作原理

製造業者によると、植物は体に次のような影響を与えます。

  1. ALTEAの一部である多糖類は推奨される効果をもたらします。
  2. 薬を受容することにより、痰はより多くの液体になり、出発が容易になり、また咳の攻撃の期間が短くなります。
  3. 薬は蠕動気管支を活性化し、そして焦点上の上皮の機能および低い気道部門からの気管支圧搾シークレットはロトログロットに移動する。
  4. 薬物は炎症性プロセスに結合し、癒しの損傷を受けた組織を高速化します。

Mukaltinaからの行動は証明されていません。

黙認

Mukaltinの子供たちは、湿潤咳を伴う気管支肺系の疾患に規定されており、そのような疾患を含む濃厚な粘着痰が形成される。

  • 閉塞性気管支炎(気管支痙攣と痰の痰の侵害を伴う気管支の炎症)。
  • 気管気管支炎。
  • 肺炎;
  • 気管支膜(気管支の不可逆的な拡大とその機能不全)。

Mukaltinの子供たちは何歳ですか?

マカルチンが指示に明確にすることができる年齢。事実は、製造業者によっては著しく異なる可能性があります。例えば、錠剤LLC「オゾン」は12歳未満の子供ではありませんが、ウラルビオフラームの薬に注釈に年齢制限はありません。

吸収のための丸薬のMukaltinビアチンは18歳以上の顔、シロップでは3歳以上の子供を許可されています。

タブレットアプリケーション命令

錠剤のムカルチン

錠剤の子供たちにムカルチンを食べる必要があります。薬物の投与量は患者の年齢には依存しないため、1日2回1~2錠である。

治療中の両親は以下を覚えている必要があります。

  1. 子供に粘液溶解性を与える前に、温水に溶解することができます。 1タブレットでは、1/3カップの液体が必要です。
  2. コードベースの薬物を含む鎮咳薬との複合体には、摂食剤を採用することはできません。データ群は咳で抑制され、その結果、痰に痰が蓄積され、肺炎の原因がある微生物の病原体の再生のための良好な培地である。
  3. 今日まで、ムカルチンの過剰摂取の症例はなかったが、それでも医師が任命された投与量を超えて公式の指導に記載されていることは不可能である。

シロップの使用方法

シロップは食べる前に飲む必要があります、それは盗まれなければなりません。 Budaの投与量は患者の年齢に応じて個別に選択されます。

年齢 受信スキーム 治療期間
3-14歳 子供にシロップを与えることは1日3回5mlを必要とします。 受信期間は1から2週間まで変わり得る。
14歳から 一日3回悪い10 mlを飲む。 あなたは一ヶ月のためにバイオ派を飲む必要があります。

禁忌

錠剤Mukaltinは、彼が以下の疾患を診断した場合はできません。

  • 薬の組成へのアレルギー。
  • 胃の潰瘍と12匹のテュペリー腸。

スクロースが錠剤に含まれている場合、それらは以下の病理学を持つ患者にすることはできません。

  • 果実砂糖に不寛容
  • ガラクトースおよびグルコースのような単純な炭水化物の吸収障害。
  • サクラースイソマルターゼの欠如

Syrupは、次のような健全な問題を抱えてはいけません。

  • シロップの組成の不寛容
  • 炭水化物代謝の違反
  • 糖尿病。

副作用

子供のMukaltinは、以下の健康問題を引き起こす可能性があります。

  • アレルギーは、かゆみによって明らかにされています。
  • 吐き気を含む不脾現象。

価格

インターネット上のMukaltinの中価格

ムカルチナの費用は、製造業者、錠剤数、剤形によって異なります。タブレットの価格は9ルーブルから始まり、シロップは約160ルーブルです。

類似

以下は、その行動を証明したMukaltinaの以下の類似体です。

acc、Bromgexin、Lazolyvan  -  Mukaltinaの子供たちの類似体

ACCまたはMukaltinより優れているのは何ですか?

主成分としてのACCは、脱出剤の効果を有するアセチルシステインを含む。それは注射、ならびにシロップ、可溶性錠剤、その溶液が摂取のために調製される顆粒中で製造される。薬物の注射は、人生の最初の日から子供と共に作ることができ、内方には2歳以上の患者さんに許可されています。

アセチルシステインは、湿潤咳嗽だけでなく、不完全な洞および耳の炎症、ならびにパラセタモールの過剰摂取にも推奨される。

Mukaltinと比較して、アセチルシステインは最良の結果を示したが、これはACCが禁忌であるので、それが副作用を誘発することができることを意味するのではない。

ブロムジキンやミュカルチンを選ぶのは何ですか?

Bromgexinはシロップとタブレットで起こり、それは多くのロシアと外国の会社によって作られています。それは年齢制限はありません、それは湿った咳を伴う呼吸器官の病気でそれを飲む必要があります。それは、創世体、結核、気管支喘息、嚢胞性線維症、肺炎症の気管支炎を含む子供に与えられます。様々な地域内操作中に、術前の気道のリハビリテーションにもブロムジキシンが推奨されています。

彼はMukaltinaのように同じ禁忌を持っていますが、それはしばしば副作用を引き起こします。しかし、ブロムジンは植物よりも強く作用することが証明されました。

子供のラザルヴァンやミュカルチンのためのものは何ですか?

主成分として、LazolyvanはAmbroxolを含んでいます。厚い痰が形成されている気道の疾患には、薬物が推奨されます。子供が中の薬を飲むことを拒否した場合、ラゾは吸入のための解決策で使用することができます。

Mukaltinと比較して、Lazolyvanはより少ない禁忌と望ましくない反応を持っていますが、これはそれが悪いことであるという意味ではありません。

Mukaltinaの代わりに子供を与えるものは、患者の健康状態や治療の許容度に応じて医師を解決する必要があります。

レビュー

Mukaltinについての評価レビュー

両親の意見

ネットワークは、Mukaltinで前向きと負のフィードバックを見つけることができます。以下のような薬の中の両親:

  • ムコパリットは安価です。
  • 染料や人工香料は含まれていません。
  • 錠剤は水に溶解することができ、それは固体剤形で薬を飲み込むことができない人を含む子供たちにそれらを与えることを可能にする。

マイナスレビュー両親は、ムカルチンがアレルギーを引き起こす可能性があることを残します。

コマロフスキー博士の意見

有名な小児科医は、筋石性および摂食薬の薬の有効性が豊富な飲み物と比較して証明されていないと考えています。したがって、子供が厚い広葉樹を備えた濡れた咳をした場合、彼はできるだけ多くの流体を与える必要があります。あなたは単純な水だけでなく、ドライフルーツから結合することができます。

子供の中の濡れた咳の出現に​​伴い、あなたは自己服用に従事してはならない、医師だけが子供たちにMukaltinを服用する方法を決める必要があります。

子供のためのMukaltin子供の咳は最も不快なSMZの症状の1つです、 下気道の敗北を示す、 したがって、現れると、Mukaltinの子供たちが不可欠です。

彼らは私たちの祖母によってうまく扱われました、しかし今日の医者は彼を推薦し続けています。

それはとても効果的かつ安全にこの薬やそれがより近代的に有利に放棄されるべきですか?これについてさらに説明します。

薬物の放出の組成と形態

それは灰色または灰色がかった茶色の錠剤の形で、50mgの分離ストリップを有する異なる種類の包含物の形態で製造され、それぞれが10mgの天然アルテア抽出物を含有する。それらは特徴的な臭いおよび特定の酸性味を有する。

補助成分が使用されるにつれて:

  • 炭酸水素ナトリウム、これはわずかな脱出剤および抗炎症効果を有する。
  • ワイン酸。
  • ステアリン酸カルシウム

薬は多数の製薬会社によって生産されているので、ブリスターズや段ボールの包装に包装された薬局、そして20~100個の快適なプラスチックボトルで購入することができます。

Mukaltinはどのように行動しますか?薬の有効性は何ですか?

薬物の有効成分は薬物アルテアの抽出物をよく研究しているので、それは人体に強い脱出剤効果を有し、そして乳母薬のグループに属する。

ALTEAの成分は、粘液の気管支の分離を活性化し、粘液上皮の操作を高め、その粘液が増強されているだけでなく、その排除も促進される。

複雑なすべてのものはすべて貢献します。

  1. 生産的に分離されたスプレーで非生産的な咳の移植。
  2. 攻撃を容易にする。
  3. 粘液と病原性微生物からの気管支の迅速な精製

また、薬は気管支の粘膜の炎症過程の重症度を低下させ、それによって咳の不快感と痛みを排除するのに役立ちます。

これは、多糖類の混合物の抽出物中の多糖類、ペクチン物質および他の有機化合物の混合物が存在するために可能である。

  • 抗炎症薬;
  • 軟化;
  • 包み込みプロパティ。

しかし、重度の感染症を伴うことは独立して回復をもたらすことができないことを忘れないことが重要です。 出典:nasmorkam.net そのような状況では、それは子供たちに与えられるべきですが、包括的な治療の一部として、個別に選択された医師です。

Mukaltinは子供のために処方するのですか?黙認

手段を使用するための主な表示は咳です。しかし、問題は発生します。

乾燥咳をしている子供のためのムカルチンを処方するのに最も関連性があります。

そのような状況では、薬は粘度を低下させ、粘液の生産量を増加させ、そして状態の迅速な正規化に寄与するであろう。

したがって、Mukaltinは主に湿ったカシェ子どもを任命されています。

咽頭炎または咳で観察される乾燥咳嗽を排除するためにそれを適用します。発作の頻度の増加と炎症の強化を引き起こすので実用的ではありません。

したがって、薬は:

  • TracheakeとTraceObronChiteを使って。
  • 閉塞形状を含む気管支炎で。
  • 肺炎で。
  • 気管支拡張症
  • 子供の喉頭炎を伴う。

多くの場合、ブロムヘキシンまたは塩酸塩のアンブロキソール調製物と同時に使用することをお勧めします。

これは粘膜の刺激を減少させ、痰の粘度を低下させ、そしてその排除を容易にするのに役立ちます。

Mukaltin子供を服用するには?命令

ムカルチン、子供のための指示は、この期間中に痰が必要とされていないために痰がまだ産生されていないため、気管支に蓄積しないことを意味します。

錠剤の子供たちは、乾いた咳が濡れ始め始めると、両親が理解している瞬間に与え始めます。

各子供のためのカシェ子どもたちと一緒にMukaltinを飲む方法は個別に医師を拾います。まず第一に、それは患者の年齢と状態によって異なります。

3つの方法で子供のために咳からMukaltinaの丸薬を正しく服用します。

  • 完全に溶解するまで徐々に溶解する。
  • 大量のきれいな水を飲むことによって全体を飲み込む。
  • 水に希釈する。

タブレットを飲み込んだり飲んだり溶かしたりすることができない、子供たちにMukaltinを与える方法を考え出すことは特に関連しています。そのような状況では、彼らは第3の方法、すなわち水中で繁殖するのを助けます。

1日の投与量を溶解し、その日中、得られたシロップを好ましくは3~4のアプローチで飲むことが推奨されています。各レセプションに新たな解決策を準備することもできます。

これを行うために、30mlの温水では使い捨ての投与量を溶かしています。味の特性を改善するために、砂糖を追加することができます。

いずれにせよ、ムカルチンの子供たちを1時間あたり、または14日以内に食べる前に少なくとも半時間必要です。

Mukaltin:あなたは子供を与えることができますか?

薬は非常に長い間市場に存在し、ほとんどすべての人に知られているので、何年から子供たちに連れて行くことができる人に関連する質問があることが多い。

薬の説明は明確な指標を与えます 年に子供たちにそれを与えないでください。

2歳までの間、それは細心の注意を払って処方されています。それにもかかわらず、今日の医師は常に医学に抽象を与える推奨事項に従っているわけではなく、すべての年齢のカテゴリーの子供たちにMukaltinaを受信することをお勧めします。

ムカルチン幼児

ヘビーキャストの中でのみ現代小児科医、乳児にとって危険な、Mukaltinを処方します。しかし、両親、注釈を読んで、その製造業者はその年までの子供たちに薬を与えることを助言しないでください。

したがって、この矛盾の理由に対処し、子供たちがそのような穏やかな年齢で扱うことができるかどうかを理解することが重要です。

薬は完全に自然な起源を持っていて、その作用と安全性が長年の使用によって確認されているので、その予約は赤ちゃんの間で重い形でのみ可能です。

同時に、製造業者は注釈におけるすべての可能な副作用を示す義務があり、特定のカテゴリーの患者の臨床試験が行われた場合に薬物の使用を禁止しています。

Mukaltinの乳児の公式テストが通過しなかったという事実のために、その命令は彼らの治療のためにそれを使用することを推奨しません。

若い親は肌の状態と赤ちゃんの椅子の状態を慎重に監視する必要があります。変更が発生した場合は、手段の受信をキャンセルする必要があります。

子供のために、1日の投与量は2つのタブですが、1回の摂取量は1/2錠のみを与えることができます。

覚えています

1年間でも満たされていない子供は、それのために1回の投与量を30mlの沸騰水に溶解するのが非常に困難です。

この適用方法は、手段を消費する利便性を高めるだけでなく、その効率を高めることができる。

それにもかかわらず、治療の全期間中、赤ちゃんは校区小児科医の監督下になければなりません。

2年から

2年間のMukaltinの子供たちも1/2タブで規定されています。一日に三回。入学方法は、子供の発生の個々の特徴によって決定されます。

したがって、両親はまだ水中の薬物を繁殖させることができ、または溶解するために粉砕に与えることができます。

3年の子供たち

3歳の時代から始めて、子供の使用説明書は1日3回全体の錠剤の散逸をお勧めします。 4時間間隔の受信機の間に耐えることが重要です。

3-12歳

3年から子供へのMukaltinaの投与量は1のテーブルです。一日に四回。 5歳または6歳の子供たちはすでに丸薬を完全に与えることができ、より若い若い水中でそれぞれを繁殖させることができます。

12歳から

10代の若者、そして時々7歳の準備は成人用投与量、すなわち1日4回までの2錠を摂取します。

禁忌と可能な副作用

薬は使われていません:

  • 子供の乾いた咳で。
  • 個々のコンポーネントに対する個人の感度が向上しました。
  • 胃の潰瘍または12-ロゼウマン。
  • 糖尿病。

薬物の使用後の望ましくない結果はめったに観察されない。[ADS-PC-1] [ADS-MOB-1]は主にその成分に対するアレルギー反応の形で明らかにされており、それはかゆみの発疹や発赤の外観で保存されている可能性がある。肌に。

非常にめったに患者と彼らの両親は開発に注目しています:

  • 気温
  • 便秘または下痢
  • 吐き気と嘔吐
  • 胃の領域の不快感。

咳脳中心を抑制する薬とのムスコリックス、例えばコーディン含有(Cochex、Codeinpine、Torpincood、Codelak、Kaffetin、Nospalginなど)を抑えることは明らかに不可能です。

軟骨が粘液の分泌の強化を誘発し、コードシン含有​​手段が咳反射を遮断したという事実の結果として、肺の「ラップ」が急落し、その結果、痰が咳反射を塞がれた。生産されたが、呼吸器官から派生していない。

子供のためのMukaltinシロップ

特別な子供のシロップムカルチンは製造されていません。 それにもかかわらず、あなたは次のように自宅でこの投与形式の類似性を準備することができます:

  1. 患者の年齢に基づいて選択された薬物の1日の投与量を100gの沸騰水に溶解する。
  2. 味は、最愛のジャムから蜂蜜、砂糖またはシロップを追加します。
  3. 甘味料の選択はすべての注意力で治療され、彼は子供からアレルギーを引き起こさないようにしてください。

その結果、甘味が得られ、その体積は200mlを超えてはいけません。命令が推奨するように、少なくとも4時間の間隔に至った、3~4の受信のためにガラス製のコンテナや飲み物に保管する必要があります。

準備ができているシロップを使用して、あらゆる年齢の患者を治療することができます。

ネブライザーのMukaltinによる吸入

吸入は咳を治療するための非常に効率的な方法です。彼らはMukaltinaを使って実行することができますが、スペシャリストの予備相談の後にのみ行うことができます。

手順1の場合、錠剤を80mlの食塩水に溶解する。得られた溶液4mlを装置の特別なチャンバーに注ぐ。

1日3~5分1~2回の間直接呼吸する必要があります。治療期間は10日を超えてはいけません。

何を置き換えることができますか?類似体は何ですか?

薬は以下の類似体を有する。

  • アルテアシロップ;
  • 伯母
  • 咳からの乾燥薬。

たとえば、同様の処置の他の薬物を使用することもできます。

  • Ambroxol(Ambroben、Lazolyvan、Flavmed);
  • リンクス;
  • Tysusのシロップ博士。
  • Eucabal;
  • Amtersol。
  • プリムロースまたはアイビーの群落。

医者への質問

飲み込むか、散逸?

錠剤を飲み込むことができ、そして口腔内に溶解して溶解を完了させることができる。しかし、最初のケースでは、たくさんの水でそれらを飲む必要があります。

Mukaltinと他の咳の丸薬が一緒にいます。出来ますか?

薬は完全に自然な根拠を有し、その成分は合成薬と相互作用しないので、それは非常に多くの場合、咳の他の手段と複雑に処方されます。

LazolyvanまたはMukaltinの子供

薬物の選択は依存するので、この問題は小児科医と議論されるべきです。多くの場合、それらは互いに組み合わされて、互いの効果と迅速な回復を強化します。

あなたがたくさんのムカルチナを食べたらどうなりますか?

許容投与量を超えると、吐き気、嘔吐、下痢または便秘の形態の副作用の発達が可能である。

そのような場合、すぐに手段を使いやすく、吸着剤、例えばエンテロスゲル、アトキシル、SMECT、ポリソルブなどを使用するだけでなく、日々の飲酒量も大幅に増加する必要があります。

過剰摂取はアレルギー反応の発症を誘発することがあり、次に抗ヒスタミン薬を局所的および内部使用に使用する必要があります。

自己服用が役立つか患者の状態が悪化するかどうかに応じて、医師に訴える必要性を決定する必要があります。

レビュー

ムカルチンは長い間おめでとうございます。今、薬は棚の上に薬を見ません。以前は、これはそうではありませんでした。私が小さかったとき、私はいつも咳からムカルチンを飲んだ。私は彼の酸味が好きだったので、水を使わずに丸薬を口に溶かして愛していました。良い方法では、もちろん、水のガラスに2錠を溶解する必要があります。私は彼らに私の1歳の子供に与えました、すべてがうまくいった。薬は素早く私たちを救う。 25歳のジュリア

ピルがそのような安いという事実にもかかわらず、彼らは非常に効果的であり、彼らは子供に連れて行くことができます。彼らについてのレビュー主に良いです、それは良くありません。その有効性は時間によって証明されています。私はMukaltinが好きです。私たちは通常3~4日間彼と一緒に良くなります。そしてこれは非常に良い結果です。そして、なぜ高い費用のために過払いをするのですか?みんなでお勧めします。私の両親は、たとえば、他の手段でさえ聞こえなかった。この薬に慣れており、別のものは不要です。 アレナ、35歳

私は咳からそのような手段が好きでした。しかし、彼が子供たちを意図していたのかどうかは疑ったが、医者に尋ねて、彼はそれが可能であったと確信した。彼の息子の1つのピルを暖かい水のガラスに1錠の丸剤を溶解させた。 1日2回渡した。子供はそのような解決策を飲むのが好きでした。私は正直に言うでしょう、おいしくはありません。さて、何をすべきか。しかしどのくらい効果的です。子供たちは、ところで、あなたは砂糖、ジャム、蜂蜜などで薬を甘くすることができます。 クリスティーナ、24歳

私たちは最近家族全員に病気になって大いに咳をしました。互いに感染しているように、全ての第3の緊急で治療する必要があった。誰もが薬局の現在の価格を知っています。この金額を3で掛けるかどうか想像してみてください。安価なアナログがあります。私たちはこれらのうちの1つを獲得しました - Mukaltin。彼らは貯水池の価格でいくつかの標準を取っていて、約1週間扱われました。これまでに彼らは子供の高価なシロップを治療し、咳は2週間を過ぎませんでした。違いは重いです。だから私はそれをみんなにお勧めします。 ナタリア、26年

残念ながら、私の息子はよく病気です。小児科医は、費用のかかる医薬品を書くのが大好きで、他に何も助けてくれるものは何もないと主張しています。私は医師からの印象的なジェットの影響下でも、そう思っていました。しかし、もう一度私たちはお金を持っていなかった、給料を遅らせました、そして我々はラウンド合計の薬のリストを処方しました。私は私の母と呼んで、彼女が私に咳のムカルチンから古い実証済みの丸薬を助言した治療費について不満を訴えました。私は彼らが急速に治療されていると言いたいです。比較するものがあります。私は将来のために一度にいくつかのパックを買った、彼らの価格は手頃な価格以上のものです。 アリーナ、24年

友人たちと分ける

料金記事: 1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星

(

6

推定値、平均:

3,83。

5のうち)

ロード中...

子供のためのMukaltin:使用説明書

子供の咳はいつも彼の両親を悩ませて、彼女の息子や娘がそのような不快な症状を取り除くのを助けるという願望を上げます。咳に対する戦いで使用されている薬の中で、植物薬は特別な需要を使用しています。それらはより安全で排出される子供たちと呼ばれます。

Alteyaのようなそのような薬用植物に基づいて長時間の手段の1つは、Mukaltinです。この準備は長年の間咳で治療され、それを上げ、そして異なる年齢の子供たち、そして彼らの両親。この薬は気道にどのような影響を与えます。この薬は、小児期に用量を推奨し、その薬物を交換することができますか? Mukaltinは毎年赤ちゃんを書いていますか、そして丸薬を飲み込む方法がわからない小さな患者にそれを与える方法は?

フォームリリース

Mukaltinは、多くの国内薬理学会社(Medisorb、Tatchimfarpreparations、Avexim、Update、Moscow Pharmaceutical Phaphere工場など)によって製造されていますが、タブレット化されています。これらの錠剤は小さいサイズ、特徴的な香りおよび円筒形の形状を有する。彼らの色合いは薄灰色から暗い灰色の色から灰色の灰色の色に起こり、そして野菜の原料のために、準備中に多くの光と暗いプラグがあります。各タブレットには、薬を等しい半分に簡単に分離する危険性があります。

薬は紙ベールのないパッケージ、またはホイルとフィルムの粘液のいずれかで販売されています。 1つのパッケージ/ 1つのブリスターには10錠が含まれており、この箱中では10,20,30以上の錠剤であり得る。さらに、製造業者はポリマーバンク、バイアル、チューブまたは30または50個の薬剤中のミュカルチンに面している。

組成

Mukaltinaの主成分は、ALTEAの根から得られる抽出物です。 1錠の錠剤は、このような乾燥抽出物を50mg含んで、ングカルシウム、およびステアリン酸カルシウムを補充した。これらの成分は錠剤を密集してその形状を提供します。

動作原理

標準薬に含まれる多糖類、ペクチン、植物性粘液、ミネラル塩、デンプン、脂肪酸、ベタインおよび他の物質は、呼吸管に排出者に包み込み作用を有する。彼らは気管支を反射し、気道の蠕動帯症と財政上皮の蠕動学的に作用します。さらに、錠剤を受け取ると、気管支内にある腺の分泌を活性化し、粘膜を軟化させ、炎症過程を軽減します。この衝撃の結果は、液体粘液の反転の能動の緩和と緩和となるでしょう。これにより、咳の強度と咳攻撃の期間が短くなります。

黙認

ムカルチンは呼吸器系の異なる病状に適用され、その症状は非常に粘稠な湿潤を持つ咳であり、(小さな患者が粘液の分離で困難であるとき)。

薬処方:

  • 閉塞性気管支炎で。
  • TracheObronChiteを使って。
  • 喉頭炎で。
  • 肺の炎症を伴う。
  • 気管支症のある。
  • Trachekitを使って。

通常、医薬はその症状にのみ作用するので、その疾患の原因に影響を与える他の手段と複雑に使用されます(咳)。

何歳の服用が許可されていますか?

この質問は間違いなく難しいです。禁忌の中でいくつかの製造業者の錠剤への注釈では、12年間の年齢を見ることができますが、多くの命令では年齢制限に関するデータは認められません。何人かの医者は3歳からの薬を排出し、他の人は子供たちに害を及ぼし、頑強し、年より年上の患者にムカルチンを割り当てていると信じています。

いずれにせよ、人生の最初の年の子供たちに薬を使う前に、これを医者と議論する必要があり、赤ちゃんは通常年まで子供を与えません。

禁忌

子供が次のようになっている場合、Mukaltinは書き留めません。

  • 薬物成分のいずれかの不寛容が見られた。
  • 上部消化管の消化性疾患(胃および12 - ROSIS)がある。
  • この場合、Mukaltinaの受信は適切な効果を持たないので、痰がまったく形成されていないときに薬剤は推奨されません。

以下の場合に薬を与えることをお勧めします。

  • 子供は厚い痰を飛んでいます。これは白、黄色がかった、または緑がかった介在物で透明です。
  • 午前中は咳が強いので、目覚め直後に、すべてのスパッタされた濡れが気道から服用する必要があります。
  • 咳の間に、湿った拭き取りが聞こえます。

これらの特徴は、子供がそのような湿った咳をしていることを示唆しています。

副作用

ムカルチナの作用は植物基準を備えているので、錠剤の受容中にアレルギー反応が起こり得る。彼らは皮膚の発赤、吐き気、蕁麻疹、嘔吐または皮膚かゆみに現れる。まれに、薬物が任命された子供は、殺菌症状が発生します。そのような道具による他の副作用治療は通常誘発していない。

薬物と投与量の受容

  • Mukaltinは食べ物を飲む前に飲み込むために子供を与えます (最適に - 食事の30分前に)、少量の水でタブレットを洗うことを提供します。薬物は口に溶解することもできます。
  • 患者や嚥下ムカルチンの嚥下困難な患者のために、温水に溶けて 。これを行うために、錠剤を30~100mlの水に添加する(液体をガラスの3分の1に合わせる)。
  • 赤ちゃんがアレルギーを持っていない場合は、味を改善するために少しの蜂蜜やジャムを溶存医療に追加することができます。 。暖かいコンポートや牛乳で薬物を繁殖させることもできます。
  • Mukaltinaの3歳の投与量の下の子供は通常半錠剤です しかし、そのような患者のより正確な投与量は医師によって確立されています。 3歳から、タブレット全体の薬を飲むことができます。 12歳では、薬は1錠でもよく受け入れられていますが、受信時の2錠を割り当てることができます。
  • ツールドリンクを2回飲む 1日3回。

疾患の特徴を考えると、ムカルチンによる治療期間は各子供について別々に決定されます。同時に、最も頻繁に薬を1週間処方したが、何人かの患者は14日間続くことができる。

吸入

ムカルチンを用いたそのような手順はネブライザーで作られています。吸入を行う前に、1錠の錠剤を80ミリリットルの食塩水に溶解する。さらに、得られた体積から3~4mlを採取し、そのような量の溶解薬をネブライザーチャンバー内に注いだ。そのような解決策で1日1~2回呼吸する必要がある、手順の持続時間は3~5分で、吸入率全体は10日以上続いてはいけません。

過剰

非常に多量の錠剤は毒性の影響を及ぼさないが、下痢、嘔吐、吐き気またはアレルギー反応を引き起こす可能性がある。子供が偶然かなりの量で薬を飲み込んだ場合、胃を直ちに洗い流して吸着剤、例えばエンテロスゲルやポリソルブを与える必要があります。アレルギー反応の発生において、抗ヒスタミン作用を有する薬物が使用される。

さらに、錠剤の成分を体からむしろ除去するために、過剰摂取の子供たちを飲む方がもっと服用する必要があります。

薬物相互作用

Mukaltinは、抗生物質、解熱系、抗ウイルス薬または他の摂食剤手段(アンブロキソール、ブログメキシン)を用いて、気管支肺病理学の治療に使用される他の多くの薬との相溶性があります。

しかしながら、それは咳反射に影響を及ぼさず、そのような薬(ムカルチン+抗中央作用薬)の組み合わせは気管支からの痰の除去を損なうので、気道の粘液の蓄積を誘発するので、それは病気の経過に悪影響を及ぼすでしょう。

販売条件

薬局でMukaltinaを購入するには、医師のための医者のレシピを取りますが、子供たちを適用する前に(特に罹患した赤ちゃんが3歳の場合)専門家の相談は必須です。錠剤の価格は製造業者と包装によって異なり、7~40ルーブルのものであり得る。

ストレージ機能

薬物の貯蔵寿命は錠剤の包装に注目され、通常2歳または3年です。薬物が治療作用を失わないためには、約+ 15~ + 25度の温度で乾燥場所に保たれるべきである。小児からそのような場所へのアクセスはありません。貯蔵寿命が期限切れになった場合は、子供にピルを作ることは禁止されています。

レビュー

子供の治療についてMukaltinはかなりの良いレビューが見つかります。救済策は、薬局、低コストおよび野菜起源におけるその利用可能性のために称賛されています。両親によれば、薬物は非生産的な咳でよく訴え、子供が拒絶されるのがより簡単であると感謝します。

短所錠剤によって、多くの母親は彼らの酸味または苦味の味を克服します。薬物の不利な点は、錠剤以外にも他の剤形の不在と呼ばれています。このため、両親はMukaltinaを拒否し、シロップで製造された同様の効果を抱えている準備をしてください。

類似

このような薬は植物の根からの抽出物も含まれているため、MukaltinをAltea Syrupに置き換えることができます。その利点は甘い味ですので、子供たちは溶解したMukaltinaの錠剤以上のものを取ります。

乳房の赤ちゃんにはアレルギーを引き起こす可能性があるので、薬は年から処方されます。

さらに、ミカルチナの代わりに、脱出剤効果を有する他の薬物を使用することができ、その基礎は治療植物である。

  • 気管支 これは、液滴およびシロップ中に産生されることを意味することは、タイムとIVY植物抽出物の組み合わせを含んでいます。シロップは、人生の最初の年の乳児を患っている(3ヶ月から任命されています)、6歳以上の書き込みを落とします。
  • ジェロマートル。 レモン、ユーカリ、オレンジ、ミツからの活性物質を含むそのような柔らかいカプセルは、6歳以上の子供のコラと一緒に使用されています。
  • Bronchikum S. そのような張り出し剤の効果は、タイム抽出物およびレボメントールを備えている。薬は6歳以上の子供たちに需要があります。子供たちは、Bronchikum TP(1年間)またはBronchikum Syrup(6ヶ月から)のエリキシルを与えられるべきです。
  • 群がり。 この名前は、タイム、Malva、Ivy、Plantain、Primroseを含む咳からすぐにいくつかのシロップにあります。それらすべては2歳以上の子供で使用されています。
  • ママ博士。 同じ名前の下の咳からの準備のラインには、シロップ、生徒、軟膏が含まれます。それらの製造のために、レボメントール、治療薬、チモールおよび他の物質からの抽出物が使用される。シロップと軟膏は3歳から使用されており、スパイユは14~18年まで行われるべきではありません。
  • 咳からの乾燥薬。 そのような薬は甘草、アニス、アルテアおよび他の植物からの抽出物を含む。このために根拠がある場合、医師はこの薬を年間まで子供たちにもこの薬を処方することができます。
  • リンカ。 このシロップの一環として、あなたは甘草、Zizyfus、Altea、Kori、バイオレット、アルパイン、その他の植物のフードを見ることができます。薬は6ヶ月間でソファを持つ子供たちを処方します。
  • ゲデリックス。 そのようなシロップの基礎は、IVYの葉です。薬は出生以来分解され、そのアナログはProSpideのシロップです。さらに、Gedeliksは2歳以上の子供によって任命された(彼らのアナログはプロスパンの滴です)。
  • Eucabal。 このシロップの主成分は、タイムとオランダンで表されます。彼は1歳の子供のために任命されています。

ムカルチンとの吸入の代わりに、Ambroben、ACC、Lazolyvan、または気管支などのような伸展薬を使って手順を作ることができます。

咳が何であるかと扱い方については、次のビデオを見てください。

Mukaltinの子供:服用方法

Mukaltinのようなそのような薬物について聞いていない単一の成人はおそらくいます。これらの長年の鎮咳薬は比較的低コストであり、また野菜ベースで作られています。さらに、それらは消費者より本当に効果的です。

そして、Mukaltinが子供が子供を子供たちにすることができれば、多くの成人が不思議に思っています。この記事では、この薬に関するこれらおよびその他の質問に対する回答を開示しています。

組成と包装

特定の酸味を有するリスクを有する灰色または灰色褐色の錠剤。ブリスターの10個で入手可能な、3つの水疱が段ボールパックに含まれています。様々な量の錠剤(30~100個)の丸薬を備えた瓶にも製造することができます。

  • 活性物質: HERBSは、グルコース18%(Mukaltin) - 0.05gの観点からアルテア薬を抽出します。
  • 追加のコンポーネント: ステアリン酸カルシウム、重炭酸ナトリウム、ワイン酸。

あなたが子供を与えることができる何歳からのMukaltin

動作原理

この薬は摂食剤および抗炎症作用を有する。薬物のAltheaの抽出物は、活性物質として、気管支分泌と財政上皮の繊毛の循環性を高めながら、その粘度を低下させます。

呼吸の粘液食いの炎症も除去され、それが反転が強い不快感を引き起こさない理由です。

Krochamが規定されている理由

薬の作用は咳を排除することを目的としており、このために乾燥咳中に処方されることがよくあり、すでに湿ったときだけでなく直接湿っているのか。

同様の発症を伴う可能性がある病気:

  • 気管支炎;
  • 気管炎
  • 気管気管支炎。
  • 喉頭炎。
  • 肺炎;
  • 肺気腫;
  • 結核;
  • 気管支自由性疾患
  • 気管支ぜんそく。

Mukaltinが子供のどちらでできるかどうかについて

ドライタイプ(咽頭炎、咳)を用いた脱出手段の使用は攻撃を強化することしかできない。薬物は野菜ベースで作られており、急速な効果があり、実際には禁忌はありません。

あなたが子供のMukaltinを与えることができる何歳から

正式に承認された指導は、2歳のムカルチン - 2歳で、12ヶ月齢の子供のために受信錠が可能であると述べています。それは医者を任命するために子供たちによって使われるべきであることを念頭に置いているべきです。

禁忌

成分、胃または12-rOSISE潰瘍の個々の不耐性では使用しないでください。年齢制限も考慮されています。

副作用

身体上の標題の蕁麻疹の外観を伴う薬の1つ以上の成分に対するアレルギー反応のまれな徴候のまれな徴候。

吐き気、灼熱感、胃、嘔吐、下痢の症例の非常にまれです。

子供のための咳からムカルチン錠の使用説明書

薬物の受付は、意図された食事の30~60分前に行われるべきです。子供と大人のための投与量Mukaltinaは年齢によって異なります。

  • 12歳からの成人と青年期 - 1-2錠3-4 r。/日。
  • 6から12歳まで - 1タブレット3 /日。
  • 1から6歳まで - 0.5~1錠の錠剤は、必要に応じて1/3カップの温水に溶解し、フルーツシロップで、1日3回。 3~4歳の子供はすでに溶解ムカルチンを与えることができる。 4時間の間隔にこだわる必要があります。

4年間でムカルチンを子供に与える方法

過剰

過剰摂取の記録されたケースはそうではありません。しかしながら、上記の副作用の顕微鏡は排除されていない。この場合、薬物の受付を中断し、症候療法の目的で医師に相談する必要があります。

他の薬との相互作用

この薬物は、他の糞便薬と同様に、脳の咳の中心を抑える手段とともに適用することは禁止されています(コーヒー - コーヒー、カフィチン、ノシャンパルギン、コーデピンなどに基づく準備)。粘液溶解性は痰の選択を増強し、そして鎮咳系のツールはその排泄を遮断し、それは呼吸器官のいわゆる「材料」をもたらす。

5年間でムカルチンを子供に与える方法、投与量

類似

幼児はシロップの形で鎮咳薬を与えることが最も便利です。今日、薬局はその原則と同様の薬物を持っています。

Mukaltin:子供のための投与量

  • 伯母
  • アムロキソル;
  • リンクス;

Mukaltinの子供2歳:服用方法

  • ユーカバール;
  • Tais博士のシロップ

2年間で子供にムカルチンを与える方法

レビュー

  • 「幼年期の味」 - これらの丸薬はこのカテゴリに起因する可能性があります。それに固有の酸味を持っている。私は常に咳をするのを助け、私たちはこの日に必要に応じてMukaltinを使用し、同じ投与量で3歳から7歳の私の子供を使用しています。
  • 素晴らしい薬物、効果的な、簡単にアクセス可能です - 薬局やペニーの価値があります!私は高価な薬の支出のポイントを見ていない、子供は2年間でムカルチンを水に溶解し始めました。受信3~4日後に効果が発生します。
  • 私の娘は非常にうるさいです。私は彼らの状況から外れ、蜂蜜やジャムで解決策を甘くしました - そしてすべてが「油のように」行った。
  • 良い薬。時間通りに入って始めたら、受信から2日以内に咳を取り除くことができます。しかし、何らかの理由で、効果は同じであるが、医師はそれを規定することを好むことはめったにありません。子供のためのMukaltinaの最適投与量は5歳です - 1日3回1錠。
  • 素晴らしいツール!私は息子を持っています - 幼稚園からの女子高生は免疫の抵抗とは異なり、私たちの咳は珍しくありません。したがって、この薬は常に最初の援助キットの中にあり、最初のシュマンドでは絶好の寒さが適用され始め、そして最後に、咳が2日間絶食した場合!

子供のための使用のための咳指示からのムカルチン錠

ビデオ

時々命令全体を読むことは、単に時間や機能なしで、さまざまなアイテムやサブセクションの指示の中で最も必要な情報を見つけるための難しいことです。したがって、この薬の使用に関連する最も一般的な問題に対する答えを使って小さなビデオを見ることをお勧めします。

この記事では答えに答えを見つけることができますか?あなた自身や子供のために薬を使ってあなたの経験について教えてください。

他に何を尋ねる

子供のための咳の錠剤

私たちの市場には医薬品があります。そして、あなたは子供のための咳が適用されることを知っています

乾燥薬

あなたがここで読むことができるのはどのような指導ですか?タブは特別の使用を推奨していました

子供のための咳シロップ

彼らはまた、さまざまな種類の咳を含む、多くのものを持っています。フォームでも1つが存在します

子供のための滴

- これはこのトピックに添付されているその使用のための手順です。あなたとあなたの滞在に健康!

Mukaltin:咳に対処するのに役立ちます

呼吸器疾患の体調を促進する利用可能な天然薬。小児期からの使用を許可されている禁忌はほとんどありません。

コンテンツ:

Mukaltinが含まれています

薬物の組成において、1つの活性成分はアルテア薬用植物濃縮物である。それは組織の再生を促進し、そして秘密の秘密の救済に寄与する。内側の摂取のための非販売の形での救済策:灰色がかった茶色で、特徴的な草本臭があります。プラスチックボトルや紙細胞を入れてください。 1タブで。含まれています:

Mukaltinの仕組み

薬は粘膜アーモンドの炎症の強さを軽減し、空と気管の殻は痰形成の排出に寄与し、気道からのその除去を容易にします。 Mukaltinは反射機能上皮を強化し、秘密の秘密の出現を防ぎ、その分離を活性化させる。これは痰のレオロジー特性に影響を与える気管支科目です。 Mukolithinは咳生産性を高め、感染性疾患において不快な症状を減少させるが病理学の原因を排除するものではない。

Mukaltinを使用する必要があるとき

薬は下気道の炎症を促進するように設計されています:気管、気管支および肺の。滴り落ちると副鼻腔炎が無駄です。表示は次のとおりです。

  • 気管支の閉塞性プロセス:急性または慢性

  • 気管気管支炎。

  • 感染肺炎;

  • 気管支ぜんそく;

  • 気管支変形プロセス

  • 肺胞肺壁の破壊的変化

  • 気管内麻酔後の病状の予防

ドライキャフでムカルチンを飲むことができます

薬は咳反射を圧迫しない。それは喀痰の房を取り除くのを助け、推奨される効果を持っています。乾いた咳が不十分な排出された秘密によって引き起こされる場合、ムカルチンは柔らかく湿潤に遷移するのに寄与する。症状の原因が異なる場合、薬物は状態を促進しないであろう。したがって、治療を開始する前に、診察を受けることが重要です。

Mukaltinが禁止されているとき

薬物の使用に対する主な禁忌は、薬物のAltheaまたは薬物の任意の補助成分に対する不寛容です。脱水ミカルチンの治療も必要です。

ムッカンをする方法

錠剤は30~40分間飲む必要があります。食べ物を作る前に、そうでなければ彼らの効果は減少するかもしれません。薬物は少量の水に吸収または溶解される。あなたは暖かい液体で飲むことによって丸薬を飲み込むことができます。

推奨される投与量:1-2レセプションのための錠剤は1日3~4回。強い炎症を伴う、あなたは1日6回までツールを取ることができます。治療の過程は7-14日続きます。 2週間を超えて、救済策を望ましくありません。

ムカルチンを子供に与える方法

以前は、治療中のモノテートを使用することは推奨されていません。場合によっては、小児科医を規定するために、2年からそれを与えることが可能です。

3年間から始めて、薬は1日1回または1回1回のタブレットを提供します。 12歳の10代の若者を成人用量に移動できます。

治療は健康の向上まで続きます。医者を管理せずに1週間を超えて、ムッションを適用しないでください。

ムカルチン妊娠中および看護を取ることは可能ですか

妊娠と母乳育児期は禁忌の間ではありません。そのような場合に薬を飲む可能性は、婦人科医または小児科医の判断のままです。おそらく、投与量の減少、短縮された治療およびその他の穏やかな対策であるMukaltinaの目的。神経系と胎児の内臓が敷設されたときに、最初の学期に特別な注意を観察する必要があります。

治療期間中に赤ちゃんの健康を心配すると、看護母親はそれらを一時的に適応された混合物に翻訳することをお勧めします。

Mukaltinとブロムジンを組み合わせることは可能です

薬物は効率を改善するために他の筋石性手段と共同で適用される。そのような場合の副作用およびその他の陰性反応はマークされていない。

Mukaltinを咳に対して他の手段と組み合わせることは可能ですか

薬物の効果を補完するために、同様の気管支学効果を有する薬物によってのみ許可される。咳止め反射を圧迫する際のコデイン含有手段を有するMukaltinの共同使用は除外される。

  • コードモデル

  • unispaz;

  • コフェク

  • しかし、シュパルギン。

  • そして他の類似体。

さもなければ、蓄積する湿潤は気道に残るでしょう。これは病理学の合併症に留まりました。

あなたがmukaltinに代わるよりも代わるものです

他の野菜ベースの準備は類似の薬効を持っています:

  • ゲデリックス;

  • 伯母

  • ペプチルvan;

  • 刻んだフォーテ。

  • Atemix。

Mukaltinaに副作用がありますか

薬物の成分に対するアレルギー反応により、皮膚の外観、蕁麻疹、粘膜の腫脹、燃焼が可能である。時折、食欲、胸焼け、吐き気、けいれん、腹痛の痛みが減少します。そのような症状の外観と増分で、治療の過程を中断し、医師から湿地の理由を見つけることが推奨されます。

Mukaltinはいくらですか

薬局チェーンの薬の価格は地域によって異なります。ロシアでは、20錠の包装は67から100ルーブルのコストです。 10個のPCのうち。 - 約25~35ルーブル。ウクライナのMukaltinaのコスト:25から60のグリブニアの10錠のための9-12グリヴニア - 20個の包装のため。

Leave a Reply

Close